コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリア犬 パリアケン

4件 の用語解説(パリア犬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パリア‐けん【パリア犬】

pariah dogバルカン半島北アフリカ小アジアイランインド東南アジアなどに分布する野良犬。一定の品種ではない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

パリアけん【パリア犬 Pariah Dog】

北アフリカから東南アジアに分布する野良犬のこと。日本犬の祖先といわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パリアけん【パリア犬 pariah dog】

イエイヌの1品種で食肉目イヌ科に属する。インドから北アフリカに分布。オーストラリアに野生するディンゴに似ていて,イエイヌの原種にもっとも近いものと考えられる。体は中型で,尾は垂れて太く,耳が立つ。頭骨の形状はオオカミの小型の亜種のものによく似る。しかし,顔から首,背筋,体側,四肢などの毛は短く,長さはほぼ均一で,首にたてがみ状の長毛をもち,四肢に比べ胴体部分の毛が長いオオカミとは異なる。体色は赤褐色のものが多く,頰下部(きようかぶ)は淡色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリア犬
ぱりあけん
pariah dog

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。東南アジア、インド、中近東、北アフリカなどの路上を半野生の状態で徘徊(はいかい)しているいわゆる野良犬で、腐肉や残滓(ざんし)の掃除屋として暮らしている。ある目的をもって選択淘汰(とうた)されているわけではないので、毛色は変化に富み、耳も垂れ耳のものがいる。しかし、中近東、北アフリカのパリア犬は、中近東や南アジアのオオカミから派生したとみなされていて、典型的なものは立ち耳、垂れ尾、細い四肢、細長くとがった口吻(こうふん)をもち、中形の体格で、淡黄褐色から赤褐色の毛色をし、ディンゴに似るとされている。被毛は短毛である。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパリア犬の言及

【イヌ(犬)】より

…もっとも古いのは頭骨長16.9cm前後のプチアチニで,脳筐(のうきよう)後端が高くストップ(額と突出した鼻口部との間のへこみ)が弱いところや大きさなど,ディンゴによく似ている。パリア犬,中型日本犬などはこの系統のものであろう。他の二つは脳筐後端がオオカミのように低いもので,前者よりも大きいのをイノストランゼビ(頭骨長17.7cm前後),小型(頭骨長15cm以下)で脳筐がまるいのがパルストリスである。…

※「パリア犬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パリア犬の関連キーワードコヨーテアイヌ犬戌の日犬蚤犬種北極狐大犬の陰嚢土佐闘犬乾在淵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone