コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリコミューン Paris Commune

デジタル大辞泉の解説

パリ‐コミューン(Paris Commune)

1871年3月18日から5月28日までの72日間、普仏戦争敗北後のパリで、労働者階級を主とする民衆によって樹立された世界最初の社会主義政権。パリ各区から選出された代議員によってコミューン(自治政府)を組織したが、プロイセン軍の支援を受けた政府軍と「血の一週間」といわれる大激戦ののち崩壊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パリコミューン

普仏戦争後のティエール政権に対抗して、1871年3月18日から72日間、普通選挙によってパリに成立した労働者の革命自治政府。プロイセンの支援を得た政府軍の「血の一週間」と呼ばれる虐殺により崩壊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

パリコミューンの関連キーワード第一インターナショナルアルベール コルベジェジーン アルマーヌ現代フランスの起源サクレクール寺院LAティエールラファルグパリ市庁舎長谷川 博イルデパンパリ燃ゆブランキ普通選挙労働者巴里虐殺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリコミューンの関連情報