コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリティ指数 パリティしすうparity index

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリティ指数
パリティしすう
parity index

生産物の価格指数とその生産者の購入品 (生活品,生産資材など) の価格指数との比率をいう。一般には農業パリティ指数をさす。農業パリティとは基準年次を 100として,価格決定時の農家の生活上および経営上の購入物資の総合価格の騰落を指数化したもので,各品目の価格変動率をとり,品目別に基準年次の購入量を乗じて加重平均する。 1933年にアメリカで農産物価格の決定に適用されたのが最初で,日本でも 60年に「生産費および所得補償方式」に切換えられるまでは米の生産者価格を決定する際に用いられたことがある。近年は麦価のみに使用されている。なお,基準年次の価格に単純にパリティ指数をかけあわせ,生産者が購入する生産資材の価格の変動にスライドさせて算定する方法を価格パリティという。また,農家と非農家の消費水準の上昇率の均衡をはかる要素を加味したものを所得パリティという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パリティしすう【パリティ指数 parity index】

関連するいろいろな現象があるとき,その相関関係を基準時とある時点について比べた場合,基準時のつり合い(パリティ)をある時点においても保つようにするための指数。価格について算出することが多いので,特殊な物価指数といえる。 日本においては,第2次大戦後の1946年から米の生産者価格,52年から麦の生産者価格の算出にパリティ指数が用いられたので,パリティ指数というと,この農業パリティ指数のことを指すことが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリティ指数
ぱりてぃしすう
parity index number

購買力のパリティ(つり合い)関係を示す指数。通常、農業パリティ指数と同義に用いられるが、そのうちの農家支払い指数そのものをさすことが多い。農産物価格の支持政策や公定政策が行われる場合に、その目標とする価格の決定基準として用いられる。農家支払い指数(農業パリティ指数)は、農家がその生産および生活のために購入する財貨やサービスの変動を示すもので、一種の物価指数であるが、基準時、ウェイト、算式などに存在する一般的問題に加えて、農家の経済という特殊事情から、採用する品目について特別の考慮が払われる。一般物価の上昇にスライドさせて農産物価格を算出する方法をパリティ計算といい、基準年次の価格にこの農業パリティ指数を乗じて計算される。[高島 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android