コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリティ指数 パリティしすう parity index

3件 の用語解説(パリティ指数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリティ指数
パリティしすう
parity index

生産物の価格指数とその生産者の購入品 (生活品,生産資材など) の価格指数との比率をいう。一般には農業パリティ指数をさす。農業パリティとは基準年次を 100として,価格決定時の農家の生活上および経営上の購入物資の総合価格の騰落を指数化したもので,各品目の価格変動率をとり,品目別に基準年次の購入量を乗じて加重平均する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パリティしすう【パリティ指数 parity index】

関連するいろいろな現象があるとき,その相関関係を基準時とある時点について比べた場合,基準時のつり合い(パリティ)をある時点においても保つようにするための指数。価格について算出することが多いので,特殊な物価指数といえる。 日本においては,第2次大戦後の1946年から米の生産者価格,52年から麦の生産者価格の算出にパリティ指数が用いられたので,パリティ指数というと,この農業パリティ指数のことを指すことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリティ指数
ぱりてぃしすう
parity index number

購買力のパリティ(つり合い)関係を示す指数。通常、農業パリティ指数と同義に用いられるが、そのうちの農家支払い指数そのものをさすことが多い。農産物価格の支持政策や公定政策が行われる場合に、その目標とする価格の決定基準として用いられる。農家支払い指数(農業パリティ指数)は、農家がその生産および生活のために購入する財貨やサービスの変動を示すもので、一種の物価指数であるが、基準時、ウェイト、算式などに存在する一般的問題に加えて、農家の経済という特殊事情から、採用する品目について特別の考慮が払われる。一般物価の上昇にスライドさせて農産物価格を算出する方法をパリティ計算といい、基準年次の価格にこの農業パリティ指数を乗じて計算される。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリティ指数の関連キーワード色んな雑念諸道万屋貝尽し切り捲る蝋色お魚いろいろギンツブルク‐ランダウの方程式磁電効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone