コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ外国宣教会 パリがいこくせんきょうかいSociété des Missions Etrangères de Paris

4件 の用語解説(パリ外国宣教会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリ外国宣教会
パリがいこくせんきょうかい
Société des Missions Etrangères de Paris

司祭から成る最大のカトリック宣教会。 1660年頃海外宣教に従事していた司祭たちで形成され,63年パリに大神学校が開かれ,64年教皇庁の認可を得た。それまでの東洋布教におけるポルトガルの独占に対抗して苦闘,やがて主導的地位を占めるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パリ外国宣教会【パリがいこくせんきょうかい】

アジア布教のためのフランスのカトリック伝道団体。ソシエテ・デ・ミッション・エトランジェール・ド・パリ(略称MEP)。1658年創立,1663年以来本部をパリにおく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パリがいこくせんきょうかい【パリ外国宣教会 Société des Missions Étrangères de Paris】

東洋におけるキリスト教宣教で大きな役割を演じたフランスの教区司祭の会。1663年パリに大神学校を設立,翌年ローマの認可を受ける。フランス革命期の迫害,フランスを取り巻く諸国による圧迫などの困難にうちかって,修道会以外の組織としては初めて外国宣教に乗り出し,過去3世紀間東洋で宣教した約4000人の会員のうちから163人の殉教者を出した。日本へは1844年(弘化1)フォルカードThéodore Augustin Forcade(1816‐85)がフランス軍艦で琉球に到着したのが最初であり,59年(安政6)にはジラールPrudence Séraphin Barthélemy Girard(1821‐67)がフランス総領事一行とともに,寛永の禁教以後はじめての公認されたカトリック宣教師として江戸に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリ外国宣教会
ぱりがいこくせんきょうかい
Socit des Missions trangres de Parisフランス語

外国への宣教に専心した最初の、在俗司祭によるカトリック修道会。1653年フランソワ・パリュ、ピエール・ランベール・ド・ラ・モットらを中心にフランスで創設された。とくに極東、東南アジアを布教地とし、フランスのこの地域への文化的進出にも貢献した。日本も同会の重要な布教地で、すでに1844年(弘化1)には琉球(りゅうきゅう)(沖縄)に渡来、1858年(安政5)修好条約締結と同時に日本本土にも上陸した。長崎県大浦に天主堂を建て当地にいわゆる隠れキリシタンの村落を発見したプチジャン、初代東京大司教オズーフなど、明治初年のカトリックの布教、司牧はほとんどこの会が担当している。
 パリ外国宣教会による文化的、社会的貢献も大きく、プチジャンらの出版事業、テストビド、ベルトランらの救らい事業、フロジャックの結核療養事業、ルマレシャル、ラゲらの辞書編纂(へんさん)、ラゲによる『新約聖書』翻訳、そのほか各種の学校経営など、日本のカトリック教会の基礎を築くと同時に、西欧文化の紹介、移入にも大きな役割を果たした。その後、日本では第一線での活動からは退いたが、第二次世界大戦後も1958年(昭和33)からふたたび新たに活動を始めている。[鶴岡賀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パリ外国宣教会の関連情報