コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パワー・ハラスメント ぱわはら

知恵蔵の解説

パワー・ハラスメント

パワーハラスメント」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

パワー・ハラスメント

職務上の立場や権限を背景にしたいじめや嫌がらせ行為を指す。略してパワハラとか、あるいはボスハラ(ボス・ハラスメント)と呼ばれる。岡田康子氏による造語で、欧米ではモラル・ハラスメントと言う。 パワハラには、退職強要や不当な評価のほか、言葉や態度による暴力や嫌がらせ、叱責、無視、冷遇、残業の執拗な強要や強制的な飲み会への誘いなども含まれる。 通常の指示や命令との境界は、その指示や命令に業務上の正当性があるかどうかが判断基準となる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

パワー・ハラスメントの関連キーワードソーシャルメディアハラスメントマタニティ・ハラスメントソーシャル・ハラスメントパタニティ・ハラスメントマタニティハラスメントアンガーマネジメントパーソナリティ障害モラルハラスメントブラック企業大賞ブラック大学使い捨て雇用ブラック企業園田隆二今野晴貴新卒切り

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android