コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエラポリス Hierapolis

デジタル大辞泉の解説

ヒエラポリス(Hierapolis)

トルコ南西部にあった古代都市。温泉保養地パムッカレの丘の上に位置する。紀元前2世紀、ペルガモン王国エウメネス2世により建設。古代ローマ時代の後1世紀から2世紀にかけて建造された円形劇場、共同墓地、公衆浴場などの遺跡がある。1988年、パムッカレとともに世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヒエラポリス【ヒエラポリス】
Hierapolis

トルコ西部の観光地パムッカレにある、紀元前190年にペルガモンの王であったユーメネスII世によってつくられた、ローマ時代の古代都市。ローマ人は、ここにいくつかの公衆浴場を建設した。浴場はプール、競技場、庭園などの施設を兼ね備え、娯楽施設としての役割も果たした。◇展望台からは美しい石灰棚の景色を眺めることもでき、ヒエラポリスの城門の外側には、ネクロポリス(死者の町、墓所)があり、ヘレニズム、ローマ、ビザンチン時代の約1200の墓が残されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ヒエラポリスの関連キーワードヒエラポリスアタルガティスアポリナリウスパピアスの断片エピクテトスフリュギアエウメネス使徒教父パピアスデニズリピリポ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android