ヒエラポリス(英語表記)Hierapolis

デジタル大辞泉の解説

ヒエラポリス(Hierapolis)

トルコ南西部にあった古代都市。温泉保養地パムッカレの丘の上に位置する。紀元前2世紀、ペルガモン王国エウメネス2世により建設。古代ローマ時代の後1世紀から2世紀にかけて建造された円形劇場、共同墓地、公衆浴場などの遺跡がある。1988年、パムッカレとともに世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヒエラポリス【ヒエラポリス】
Hierapolis

トルコ西部の観光地パムッカレにある、紀元前190年にペルガモンの王であったユーメネスII世によってつくられた、ローマ時代の古代都市。ローマ人は、ここにいくつかの公衆浴場を建設した。浴場はプール、競技場、庭園などの施設を兼ね備え、娯楽施設としての役割も果たした。◇展望台からは美しい石灰棚の景色を眺めることもでき、ヒエラポリスの城門の外側には、ネクロポリス(死者の町、墓所)があり、ヘレニズム、ローマ、ビザンチン時代の約1200の墓が残されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android