コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒャクニチソウ

百科事典マイペディアの解説

ヒャクニチソウ

メキシコ原産のキク科の春まき一年草。花期の長いところから百日草,浦島草の名がついた。高さ40〜60cm,全株に粗毛があり,柄のない葉を対生。もっぱら栽培されるのは改良された園芸品種で,巨大輪〜小輪,ダリア咲,ポンポン咲,カクタス咲等花型に変化多く,花色も豊富で,夏の花壇や切花用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒャクニチソウ

ジニア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒャクニチソウ
ひゃくにちそう / 百日草
[学]Zinnia elegans Jacq.

キク科の不耐寒性一年草。属名のジニアの名でよばれることもある。メキシコ原産で江戸時代末期に日本に渡来した。茎は中空で直立し高さ約1メートル。葉は茎を抱くように対生し、倒卵状楕円(とうえんじょうだえん)形で先端はとがる。盛夏期から秋にかけて次々と花を開く。原種は一重咲きであるが、改良された園芸種は花弁が重なった重弁花で、花弁はじょうぶで散ることはなく、百日草の名のとおり長い間観賞に堪える。園芸的に高度に改良された草花の代表で、さまざまな形態のものがあり、花色も豊富。大輪種は花径が10センチメートルを超え、花弁が幅広いダリア咲きと、細くよじれるカクタス咲きがある。中輪種は花径5~8センチメートル、茎がじょうぶで枝打ちも多いので、盆花としてよく用いられる。ポンポン咲きは花径約3センチメートル、花もちがいいので、やはり切り花向きである。これら高性種のほか、最近、高さ20~40センチメートルの矮性(わいせい)種がつくられ、枝が太く、横張りに伸びてこんもりと育つので、花壇やプランター植えによく用いる。栽培は容易で生育も速く、家庭園芸に向く。4~7月、日当りのよい、やや乾燥ぎみの所に播種(はしゅ)する。一般的ではないが、メキシコジニアZ. haageana RegelやホソバヒャクニチソウZ. linearis Benth.も栽培される。[伊藤秋夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒャクニチソウの関連情報