コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒレアシシギ(英語表記)Phalaropus; phalaropes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒレアシシギ
Phalaropus; phalaropes

チドリ目シギ科ヒレアシシギ属の鳥の総称。3種からなる。全長 18~23cm。ハイイロヒレアシシギ Phalaropus fulicariusアカエリヒレアシシギ北極圏で繁殖し,西アフリカやチリの沖合い,アラビア海などで越冬する。この 2種は繁殖期以外は外洋で生活し,海面近くにいるプランクトンを食べる。もう 1種のアメリカヒレアシシギ P. tricolorカナダ南西部とアメリカ合衆国中西部の内陸の塩湖などの湖畔や湿地で繁殖し,南アメリカのおもに内陸の水域へ渡る。3種とも雄より雌のほうが色も鮮やかで,体も大きい。一妻多夫の繁殖習性をもち,ほかの多くの鳥とは異なり,雌がなわばりを維持し,営巣,抱卵,育雛はすべて雄だけで行なう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒレアシシギ

ヒレアシシギ科の鳥の総称。ヒレアシシギ類はアカエリヒレアシシギ,ハイイロヒレアシシギ,アメリカヒレアシシギの3種のみで,普通のシギと異なり,足指に小さな水かきがあり,泳ぐことができる。翼長11〜12cm。前2者は北極圏で繁殖し,温帯,熱帯域で越冬,日本へは春と秋に旅鳥として渡来する。繁殖期以外はほとんど海上で生活し,小型の甲殻類や動物プランクトンなどを食べる。アメリカヒレアシシギは湖沼,湿地のそばの草原や森林で生活。どの種も雌のほうが色彩が派手で,抱卵や子育てを雄が行うのが特徴。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒレアシシギ
ひれあししぎ / 鰭足鷸
phalarope

鳥綱チドリ目ヒレアシシギ科に属する鳥の総称。この科Phalaropodidaeには3種があり、ユーラシア北部および北アメリカの中部と北部で繁殖し、冬は南へ渡る。日本には2種が旅鳥として春と秋に渡来する。全長20センチメートル前後、嘴(くちばし)は細い。足指にはひれ状の膜があり、泳ぎが巧みである。雌は雄より美しく、抱卵、育雛(いくすう)は雄が行う。渡りのときには、海洋に降りることが多いが、海岸、湖沼、干拓地の水たまり、水田などにも飛来することがある。水面をくるくると回って泳ぎ、水流とともに浮いてくる微生物を食べる。アカエリヒレアシシギは全長約19センチメートル、夏羽は頸(くび)が赤褐色。日本にはほかにハイイロヒレアシシギが渡来する。もう1種のサンショクヒレアシシギは北アメリカで繁殖し、南アメリカまで渡る。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android