ビオ(英語表記)Biot, Jean-Baptiste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオ
Biot, Jean-Baptiste

[生]1774.4.21. パリ
[没]1862.2.3. パリ
フランスの物理学者。パリのエコール・ポリテクニクに学び,ボービェ大学数学教授 (1797) 。さらにコレージュ・ド・フランスの数理物理学教授 (1800) 。フランス科学アカデミー会員 (03) 。 1820年に F.サバールと共同で発見したビオ=サバールの法則電磁気学の基礎を与えたものとして有名。また J.ゲイ=リュサックとともに初の科学気球を用いて上層大気および地磁気を観測 (04) 。偏光の研究でも多くの成果をあげたが,とりわけ糖溶液を通過する偏光の偏光面が濃度に応じて回転することを発見 (35) して,40年にロンドン・ロイヤル・ソサエティからランフォード・メダルを受けた。彼の旋光現象の研究は,L.パスツールに受継がれ,その後の発酵の研究の糸口になっていく。 56年フランス学士院会員。

ビオ
biot

電流の CGS電磁単位。記号は Bi。 SI単位アンペアとの関係は 1Bi=10A。単位名は J. B.ビオの名にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビオ【Jean‐Baptiste Biot】

1774‐1862
フランスの物理学者。創立まもないエコール・ポリテクニクを卒業,コレージュ・ド・フランスなどの教授をつとめるかたわら,P.ラプラスとC.L.ベルトレを中心とする私的研究グループ(アルクイユ会)の一員となる。彼の研究は,光学,電磁気学など広い範囲に及ぶが,その研究方法は精密な測定実験から法則を帰納しようとするものであった。ただし偏光に関する理論に関してはラプラスの影響を受けて粒子論的な立場をとり,T.ヤングから批判を受けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビオ【Jean-Baptiste Biot】

1774~1862) フランスの物理学者・天文学者・数学者。円偏光・二軸結晶のほか、電磁気学でビオ-サバールの法則を発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビオ
びお
Jean Baptiste Biot
(1774―1862)

フランスの物理学者、天文学者、数学者。パリに生まれる。フランス革命後に創立された理工科大学校(エコール・ポリテクニク)を1797年に卒業し、その後、コレージュ・ド・フランスの数理物理学教授などを務めた。1803年には科学アカデミー会員に選ばれた。彼の研究は、実験・観測を中心に多方面にわたっている。なかでもサバールとの共同研究による「ビオ‐サバールの法則」の発見(1820)、および円偏光の発見がよく知られている。熱心なニュートン主義者で、当時のフランス科学界におけるラプラス学派の中心的存在として活躍した。[井上隆義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビオの言及

【光学異性】より

… 今日の用法によれば不斉炭素をもつ乳酸のような化合物の光学活性は中心性キラリティーの,非対称アレンやジフェン酸のような化合物のそれは軸性キラリティーの,またヘリセンのような化合物のそれは面性キラリティーの存在による(図3)。 1815年フランスの物理学者J.B.ビオはテレビン油のような液体やショウノウ,ショ糖などの溶液が偏光面を回転させる力があることを発見した。21年イギリスの天文学者F.W.ハーシェルは一方の半面像をもつ石英結晶は偏光面をある一方に,もう一方の半面像をもつ結晶は逆方向に回転させることを発見した。…

※「ビオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビオの関連情報