コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビサヤ[諸島] ビサヤ

世界大百科事典 第2版の解説

ビサヤ[諸島]【Visayan Islands】

フィリピンのルソン島とミンダナオ島の間に広がる島群。総面積約6万km2。自然地理的にはサマールレイテマスバテボホールセブネグロスパナイの主要7島にシブヤン,ロンブロン,タブラス,シキホールの4島を加えた11島とその属島からなる。降水量は東西両端の島々で多く(サマール島ボロンガンで年4257mm),諸島中央部で少ない(セブ島セブで年1626mm)。住民はビサヤ族と総称されるが,言語的には多くの異なる言語が話され(ビサヤ語),主なものでは,ワライワライ語(ワライ語)がレイテ島東半分とサマール島に,セブアーノ語(セブ語)がセブ島を中心に中部ビサヤに,ヒリガイノン語がパナイ島を中心に西部,北部の島々に分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビサヤ[諸島]の関連キーワードネグロス[島]フィリピン諸島セブ[島]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android