コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビサヤ[諸島] ビサヤ

2件 の用語解説(ビサヤ[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビサヤ[諸島]【ビサヤ】

フィリピン諸島のルソン,ミンダナオ2島の間に散在する島々の総称。Bisayaとも。総面積約6万km2マスバテパナイネグロスサマールセブレイテボホールなどが主要島。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビサヤ[諸島]【Visayan Islands】

フィリピンのルソン島ミンダナオ島の間に広がる島群。総面積約6万km2。自然地理的にはサマールレイテマスバテボホールセブネグロスパナイの主要7島にシブヤン,ロンブロン,タブラス,シキホールの4島を加えた11島とその属島からなる。降水量は東西両端の島々で多く(サマール島ボロンガンで年4257mm),諸島中央部で少ない(セブ島セブで年1626mm)。住民はビサヤ族と総称されるが,言語的には多くの異なる言語が話され(ビサヤ語),主なものでは,ワライワライ語(ワライ語)がレイテ島東半分とサマール島に,セブアーノ語(セブ語)がセブ島を中心に中部ビサヤに,ヒリガイノン語がパナイ島を中心に西部,北部の島々に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビサヤ[諸島]の関連キーワードタガログ族フィリピン海フィリピン海溝麻逸ミンダナオ島ルソン島フィリピン諸島フィリピン鷲フィリピンの金新人民軍(NPA)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone