コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB6と代謝異常 びたみんびーろくとたいしゃいじょう

1件 の用語解説(ビタミンB6と代謝異常の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

びたみんびーろくとたいしゃいじょう【ビタミンB6と代謝異常】

 ビタミン6は、水溶性(すいようせい)のビタミンの一種です。たんぱく質はアミノ酸が多数結合したものですが、ビタミンB6は、このアミノ酸の結合や分解(代謝)にかかわる物質(酵素(こうそ))のはたらきを助けるたいせつな役割をしています。
 また、一種のたんぱく質である副腎髄質(ふくじんずいしつ)ホルモンアドレナリンノルアドレナリン自律神経にはたらいて興奮(こうふん)や血圧を上昇させます)や神経伝達物質の合成にもかかわっています。
 このビタミンが不足すると、湿疹(しっしん)、赤い発疹(ほっしん)ができて皮膚がはがれる脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)(「脂漏性皮膚炎」)、くちびるが荒れる口唇炎(こうしんえん)、潰瘍(かいよう)ができる舌炎(ぜつえん)、貧血、神経炎、食欲不振などがおこります。また、免疫力が低下したり、歯や歯ぐきの異常がおこったりします。
 過剰症はとくにおこりません。
●原因
 日本人は、通常の食事をしていれば、ビタミンB6の不足は、ほとんどおこらないといわれています。それは、主食の米にビタミンB6が多く含まれているためです。
 さらに、腸内にすみついている腸内細菌が、このビタミンB6を合成してくれます。
 しかし、抗生物質を長期にわたって使用すると、このビタミンB6欠乏症になりやすくなると考えられています。
 また、ビタミンB6がはたらきを助けている酵素の異常であるシスタチオニン尿症(にょうしょう)やキサンツレン酸尿症(さんにょうしょう)などの先天性の病気では、大量のビタミンB6を摂取し続ける必要があります。これをビタミンB6依存症といいます。
●検査と診断
 ビタミンB6欠乏症が疑われたら、血液や尿中のビタミンB6誘導体(少し変形したもの)の値や、ビタミンB6がはたらきを助ける血中の酵素の活性(性能)を測定します。
 また、アミノ酸(トリプトファン)を内服し、尿に出るキサンツレン酸を調べて、ビタミンB6がアミノ酸の代謝に、どの程度はたらいているかを調べることもあります。
●治療
 ビタミンB6欠乏症の治療では、ビタミンB6薬を服用したり、注射したりします。
●予防
 日本人は、極端な偏食をしないかぎり、ビタミンB6が不足することは、ほとんどありません。しかし、たんぱく質の摂取が増えるなど、食生活が変化すれば、必要量も変わると考えられています。
 また、高齢者、とくにひとり暮らしのお年寄りや、種々の薬を服用している人では、ビタミンB6を多く摂取することが健康によいといわれたりします。
 ビタミンB6は、動物性・植物性食品に広く含まれています。牛肉、豚肉、鶏肉、赤身の魚には、とくに多く含まれています。
 したがって、いろいろな食品をバランスよく食べれば、十分に摂取することができます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ビタミンB6と代謝異常の関連キーワードビタミンLビタミンB複合体ビタミンB6脂溶性ビタミン水溶性水溶性ビタミンビタミンB群ビタミンK3脂溶性ビタミン (fat soluble vitamins)水溶性ビタミン (water soluble vitamins)