コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビブラフォン vibraphone

翻訳|vibraphone

百科事典マイペディアの解説

ビブラフォン

体鳴楽器。鉄琴の一種で,両手に持った桴(ばち)で演奏。バイブラフォン,略してバイブともいう。各音板の下に電動ファンを回転させ,その下に共鳴管をつけることによってビブラートのついた豊かな余韻が得られ,名称もビブラートに由来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビブラフォン【vibraphone】

鉄琴の一種。バイブラフォンともいう。1916年アメリカ・リーディ社のウィンターホフH.Winterhoffは鋼質音板が木質音板より余韻が長いことに着眼し,調律された鋼鉄鍵盤を木琴のように並べ,その振動の振幅を変える楽器を考案した。当時は音板の下に2列に並べた共鳴管を交互に上下させるだけのものであったが,後にディーガンJ.C.Deaganにより今日のように改良された。これはアルミニウム合金製音板の下に取り付けられた各共鳴管上部に小型回転円盤を取り付け,それをモーターで回転させることにより共鳴管を開閉し音を揺らせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビブラフォンの言及

【電気楽器】より

…演奏機構面のみに応用している例として,送風用モーター,ストップ機構,ストップ配合の記憶装置などに電力を用いているパイプ・オルガンが代表的である。音に変化を与えるため補助的に応用している例としては,音板の下の共鳴パイプにモーターで回転するファンを取り付けてトレモロ効果を得ているビブラフォンがあげられる。振動を電気振動に変換して電子回路で音色を合成してスピーカーから発音させるものとしては,スチール弦の振動を電磁的に電気振動に変換しているエレクトリック・ギター,弦を打つ音をマイクで電気振動に変えたり,金属片を打った振動を静電的に電気振動に変える電気ピアノなどがある。…

※「ビブラフォン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビブラフォンの関連キーワードニューマン(Thomas Newman)バリー(John Barry)モダン・ジャズ・カルテットゲイリー マクファーランドウォルト ディッカーソンオパス・デ・ジャズフレディ マッコイチャーリー石黒ビブラフォーン朝吹 英一ハンプトンブーレーズ電気楽器マリンバマレットルイスベルク

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビブラフォンの関連情報