コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクダン(白檀) ビャクダン Santalum album; sandalwood

3件 の用語解説(ビャクダン(白檀)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビャクダン(白檀)
ビャクダン
Santalum album; sandalwood

ビャクダン科の半寄生常緑高木で,熱帯アジア原産。幹の高さは3~10mにもなる。発芽時には独立して生活するが,生長すると直径数 mmの吸盤で相手を選ばず寄生する。幹は直立し分枝が多く,こんもりと茂る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビャクダン(白檀)【ビャクダン】

インドネシア原産のビャクダン科の常緑小高木。半寄生性で,吸根を出し他の植物の根から養分を得る。葉は対生し,卵状披針形で無毛。果実は球形,熟して黒色となる。古くから各地で栽培され,特に南インドが産地として知られる。
→関連項目香木センダン唐木(外材)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビャクダン【ビャクダン(白檀) (white) sandalwood】

ビャクダン科の常緑小高木で,高さ3~10m,直径は太いもので25~30cmになる。半寄生性で,発芽後しばらくは自力で生活できるが,やがて吸根を出して,他の植物の根に寄生して養分を得る。しかし,葉は葉緑素をもち,光合成を行う。葉は対生し,長さ4~8cmの楕円形,黄緑色,ふちは全縁または波状,葉柄1~1.5cm。花は内側が暗紅色の小花で,枝端に頂生する小さい円錐花序に咲く。果実は径約1cmの球形の石果で,赤色から黒色に熟する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビャクダン(白檀)の言及

【香木】より

…佐曾羅は聞きやすいとされ白檀の類と考える向きがあるが,佐曾羅すなわち白檀なのではない。なお白檀はマレー半島,東インドに産するビャクダン科の芳香を発する半寄生樹で,黄味を帯びた白色を呈す。焚香に用いられるとともに,仏像,器具の材となる。…

【香料】より

…現代以前の香料は,小アジア,アラビア,東アフリカからインド,スリランカそして東南アジア,中国の西南部にかけての熱帯アジアに産した各種の植物性と若干の動物性の天然香料からなる。そしてそれらは,後に述べるように焚香(ふんこう)料,香辛料,化粧料の三つに大別される。これらの香料は,人類の歴史にあって古くより東西の文化圏に需要され伝播された。したがって主要香料の原産地の究明とその需要・伝播の解明はとりもなおさず東西の文化交渉の歴史を明らかにする手だての一つであろう。…

※「ビャクダン(白檀)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビャクダン(白檀)の関連キーワード木珊瑚サンダルウッド巴豆姫榁白檀白檀香白檀油比翼檜葉ロンガン黄枇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone