コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクダン(白檀) ビャクダンSantalum album; sandalwood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビャクダン(白檀)
ビャクダン
Santalum album; sandalwood

ビャクダン科の半寄生常緑高木で,熱帯アジア原産。幹の高さは3~10mにもなる。発芽時には独立して生活するが,生長すると直径数 mmの吸盤で相手を選ばず寄生する。幹は直立し分枝が多く,こんもりと茂る。葉は対生し,長さ5~8cmの披針状楕円形で全縁。花は円錐形集散花序で頂生し,花柄の基部に小さな包葉をもつ。花被片は4枚,内面は紅色で外面は緑黄色,のちに黄白色となる。果実は球形で約 1cmで上端に花被がカラー (襟) 状に残存し,黒熟する。心材は淡黄色で芳があり,白檀材として知られる。この材は仏像,美術彫刻,その他の細工に用い,また心材,根を細片とし,水蒸気蒸留法によってサンダル油を生産するが,これは香油として価値の高いものである。本来の自生地インドネシアスンダ列島といわれるが,インドの東部で栽培され,その逸出とみられる野生も知られている。また同属の近似種がハワイや小笠原など太平洋諸島に自生している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビャクダン(白檀)【ビャクダン】

インドネシア原産のビャクダン科の常緑小高木。半寄生性で,吸根を出し他の植物の根から養分を得る。葉は対生し,卵状披針形で無毛。果実は球形,熟して黒色となる。古くから各地で栽培され,特に南インドが産地として知られる。
→関連項目香木センダン唐木(外材)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビャクダン【ビャクダン(白檀) (white) sandalwood】

ビャクダン科の常緑小高木で,高さ3~10m,直径は太いもので25~30cmになる。半寄生性で,発芽後しばらくは自力で生活できるが,やがて吸根を出して,他の植物の根に寄生して養分を得る。しかし,葉は葉緑素をもち,光合成を行う。葉は対生し,長さ4~8cmの楕円形,黄緑色,ふちは全縁または波状,葉柄1~1.5cm。花は内側が暗紅色の小花で,枝端に頂生する小さい円錐花序に咲く。果実は径約1cmの球形の石果で,赤色から黒色に熟する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビャクダン(白檀)の言及

【香木】より

…佐曾羅は聞きやすいとされ白檀の類と考える向きがあるが,佐曾羅すなわち白檀なのではない。なお白檀はマレー半島,東インドに産するビャクダン科の芳香を発する半寄生樹で,黄味を帯びた白色を呈す。焚香に用いられるとともに,仏像,器具の材となる。…

【香料】より

…現代以前の香料は,小アジア,アラビア,東アフリカからインド,スリランカそして東南アジア,中国の西南部にかけての熱帯アジアに産した各種の植物性と若干の動物性の天然香料からなる。そしてそれらは,後に述べるように焚香(ふんこう)料,香辛料,化粧料の三つに大別される。これらの香料は,人類の歴史にあって古くより東西の文化圏に需要され伝播された。したがって主要香料の原産地の究明とその需要・伝播の解明はとりもなおさず東西の文化交渉の歴史を明らかにする手だての一つであろう。…

※「ビャクダン(白檀)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビャクダン(白檀)の関連キーワードムニンビャクダン(無人白檀)ビャクダン(白檀)油唐木(外材)東ティモールティモール島ディリ檀像

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android