ビャクダン(読み)びゃくだん

  • Santalum album L.
  • びゃくだん / 白檀

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビャクダン科の常緑高木。幹は直立して高さ10メートル、多く分枝して丸い樹冠になる。樹皮は赤褐色。半寄生植物で、実生(みしょう)すると初めは独立して生育するが、のちに吸盤で寄主の根に寄生するようになる。葉は対生し、長卵形または披針(ひしん)状楕円(だえん)形で長さ5~8センチメートル、先はとがり、全縁である。円錐(えんすい)状の集散花序を頂生し、鐘形で長さ4~5ミリメートルの花を開く。花被片(かひへん)は4枚、初め黄緑色で、のち紫褐色になる。花序の軸との間に関節があり、落下しやすい。果実は球形の核果で径約1センチメートル、多肉質で紫黒色に熟し、中に白色の種子がある。インドおよび南太平洋地域に分布し、インドのマイソールおよびチェンナイ(マドラス)地方では良品を産し、現在は各地に造林されている。

 40~50年生の木を伐倒し、根を掘り出し、幹と主根の皮をはいで辺材と心材に分ける。辺材は白色で香気がないが、心材は黄色または赤褐色で芳香があり、質は緻密(ちみつ)で堅く、柔らかい光沢がある。彫刻用材や工芸品、器具材、扇子、線香、薫煙材などに用いる。根の材は、とくに香りが強いので珍重される。心材からとれる精油の白檀油はセスキテルペンアルコールが主成分で淡黄色、現在はせっけんや化粧料の賦香に用いられる。

 栽培は肥沃(ひよく)土が最適で、砂礫(されき)土質でもやや劣るが生育する。

[小林義雄]

文化史

インドでは紀元前から仏教やヒンドゥー教の寺院の建造物、仏像、彫刻、火葬の薪(たきぎ)、香木とされ、またペースト状にすりつぶして下痢や皮膚病の薬に使われた。その香りは仏典では菩薩(ぼさつ)の菩提心(ぼだいしん)の如(ごと)し(『華厳経(けごんきょう)』)とされ、釈迦(しゃか)は臨終の際、弟子の阿難(あなん)にビャクダンの棺(ひつぎ)に納め、ビャクダンなどの香木を薪にせよと命じた(『中阿含経(ちゅうあごんきょう)』)。中国には仏教とともに知られ、インドなどから輸入され、沈香(じんこう)に次ぐ香木であった。日本でも仏像や香木として珍重された。法隆寺宝物館の香木には古代ペルシアのパフラビー文字が刻まれ、ソグド文字の焼き印が押されてあり、7~8世紀の東西交渉を物語る。『源氏物語』に白檀の仏像の描写があり、法隆寺の九面観音像、和歌山県金剛峯寺(こんごうぶじ)の枕(まくら)本尊はビャクダンに彫られている。「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」の諺(ことわざ)はセンダン科のセンダンをさすのではなく、ビャクダンであり、ビャクダンの中国名の一つ栴檀に基づく。栴檀はサンスクリット語のチャンダナchandanaに由来する。ただし、ビャクダンの双葉には香気がない。諺は、仏典の『観仏三昧経(かんぶつざんまいきょう)』の「栴檀、伊蘭草(いらんそう)(ヒマ)中に生じ、まだ双葉にならぬうちは発香せず……わずかに木とならんと欲し香気まさに盛んなり」が誤って伝えられたためと考えられる。

[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビャクダンの関連情報