コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャーゼムスキー Vyazemskii, Pëtr Andreevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビャーゼムスキー
Vyazemskii, Pëtr Andreevich

[生]1792.7.23. モスクワ
[没]1878.11.22. ドイツ,バーデンバーデン
ロシアの詩人,批評家。公爵の家に生れた。 1807年以後孤児となり,N.カラムジンの保護を受け,文学的に感化された。 A.プーシキンらとともにロマン主義を掲げて「アルザマス会」を結成し,保守派の「ロシア文学愛好者協会」に対抗した。 40年代以降 V.ベリンスキーの文学思想に反対するなど保守的な立場をとった。詩『ペテルブルグ』 Peterburg (1818) ,『聖なるルーシ』 Svyataya Rus' (48) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビャーゼムスキー【Pyotr Andreevich Vyazemskii】

1792‐1878
ロシアの詩人,批評家。公爵。ロシアにおけるロマン主義の最も代表的な宣伝普及者の一人。プーシキンの親友で,彼にバイロンの意義を説いた。初期の詩は古典主義的・知性的要素を多くとどめているが,1820年代後半にはロマン主義的モティーフをうたったすぐれた抒情詩(《滝》(1825),《波立ち》(1829)など)を数多く書いた。30年代に入るとチュッチェフレールモントフに通ずる思索的・厭世主義的な詩(《ふさぎの虫》《憂愁》(ともに1831)など)も書き始めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビャーゼムスキー
びゃーぜむすきー
Пётр Андреевич Вяземский Pyotr Andreevich Vyazemskiy
(1792―1878)

ロシアの詩人、批評家、公爵。1810~20年代にプーシキンや後のデカブリストと交わり、官僚制度に批判的であったが、のちに宮廷に近づき、56~58年は検閲の責任者を務めた。63年以後はほとんど外国に暮らし、ドイツで死んだ。詩壇への登場は1808年からで、初期の市民詩、風刺詩ではデカブリスト詩人に近い。新旧文体論争ではカラムジンを支持、ロマンチシズムを擁護し、擬古典主義を排した。年とともに政治的信条、文学観ともに保守化したが、多岐のジャンルにわたる詩風は軽妙で変わらず、回想記『手帳』(1883~86)は19世紀前半の社会文化誌として史料的価値も高い。[島田 陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビャーゼムスキーの関連キーワードメルズリャコーフスモレンスク公国ミツキェビッチトロイカ島田

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android