コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュー=コロンビエ座 ビュー=コロンビエざLe Théâtre du Vieux-Colombier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュー=コロンビエ座
ビュー=コロンビエざ
Le Théâtre du Vieux-Colombier

パリのビュー=コロンビエ街にある劇場。 1913年 10月 22日文芸評論家の J.コポーが旧アテネ・サンジェルマン座を F.ジュールダンに改造させて開場。演劇を商業主義から解放し,芸術的純化を目指す運動の中心となった。特に第1次世界大戦後,コポーと L.ジュベにより完成されたエリザベス朝様式,コンクリート造の常設舞台は画期的なもので,24年コポーが去ったのちもその弟子「十五人座」などに使用された。その後常設舞台が取りこわされてからも,前衛的作品の上演の場となっていたが,72年経営に行きづまり閉場した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビュー=コロンビエ座の関連キーワードルルー爺さんの遺言商船テナシティサン=ドニ岸田国士前衛演劇デュランゲオン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android