コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビロビジャン Birobidzhan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビロビジャン
Birobidzhan

ロシア南東部,エブレイ自治州州都ハバロフスクの西北西約 170km,アムール川支流ビラ川沿岸にあり,シベリア横断鉄道に沿う。 1928年鉄道駅チホンカヤがつくられ,ユダヤ人入植。 31年ビロビジャンに改称。 34年エブレイ (ユダヤ人) 自治州設立とともにその行政中心地となり,37年市となった。当初,縫製,メリヤス製靴フェルト (長靴用) などの工業が発達したが,1960年代に農業機械工場や変圧器工場がつくられ,ほかに食品 (食肉,ビール,乳製品) ,製材,家具などの工場が立地する。郷土博物館,民族劇場などの文化施設がある。人口8万 6300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビロビジャン

ロシア東端,ハバロフスクの西方175kmにある都市。ユダヤ自治州の州都(人口約8万4000人,1989)で,その代名詞ともなる。自治州は面積3万6000km2,人口21万人余(1989)だが,ユダヤ人はその4%強。アムール川で中国と国境を接する。農業入植によるユダヤ人社会の構造変化,東方からの脅威への国防的配慮などから,満州国建国(1932年)の直後1934年にカリーニンらの主導により自治州が設けられたが,ユダヤ人人口は1948年の3万人をピークに減少しつづけている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビロビジャン【Birobidzhan】

ロシア連邦東端,ハバロフスクの西方175kmにある都市。人口8万6700(1992)。ロシア連邦のユダヤ人自治州の州都で,この都市名をもって同自治州そのものを指すことが多い。同自治州の人口は22万0200(1991。うちユダヤ人は4%前後),面積3万6000km2。アムール川によって中国と国境を接している。ユダヤ人自治州が成立したのは1934年。1928年までユダヤ人がまったく居住していなかったこの地域がユダヤ人自治州と定められたのには,いくつかの要因がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビロビジャン
びろびじゃん
Биробиджан Birobidzhan

ロシア連邦東部、ハバロフスク地方ユダヤ人自治州の州都。アムール川の支流ビラ川河畔にあり、シベリア鉄道に沿ってハバロフスクの西方175キロメートルの地点に位置する。人口7万7000(2003推計)。機械製造(農業機械、変圧器)、メリヤス、縫製、履き物、木工、食料品などの工業がある。1928年に小駅として設立され、以後発達して37年に市となった。名称はビラ川とビジャン川にちなむ。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビロビジャンの関連キーワードアムール[川]

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android