コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワマス

2件 の用語解説(ビワマスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビワマス

サケ科の魚。琵琶湖の特産魚だが,諏訪湖中禅寺湖にも移植された。通常,湖の最深部に生息。体長は60cmに達する。成魚の体色は銀白色で,生殖期には緑色を帯び体側に斑状の婚姻色が現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビワマス
びわます / 琵琶鱒
Biwa salmonBiwa-masu
[学]Oncorhynchus rhodurus

硬骨魚綱サケ目サケ科に属する魚。本来琵琶(びわ)湖の特産とされ、古くからアメノウオ、エサケ、ミズサケとよばれた。外観はサクラマスとよく似るがやや小形で、幼魚はアマゴと同様に小判形のパーマークと朱点を有する。諏訪(すわ)湖で「アメ」とよばれるのは小形のビワマスとみなされる。これまで渓流のアマゴとまったく同一の魚種と考えられていたが、近年、外観や生活型のうえでアマゴとは異なった系統群の魚、もしくは別亜種とする見解が強い。すなわち、幼時のパーマークがアマゴのそれと多少異なり、湖水生活に入ったものはパーマークと朱点が消えて銀白色となる。大形のものは60センチメートルに達し、小アユ、イサザ、小エビおよび水生昆虫などの小動物を捕食する。主として3年目に成熟し、産卵期は10月中旬から11月下旬で、サクラマスの場合と同様の第二次性徴、とくに淡紅色と緑褐色の婚姻色が目だち、雌はやや黒ずむ。流入河川のやや下流域で産卵し、当歳の幼魚は、春に湖水に降下する。かなり以前から人工孵化(ふか)放流が行われており、また芦(あし)ノ湖、中禅寺湖などに移されて繁殖しているが、中禅寺湖のマスは近年サクラマスとの混合(交配?)のためかビワマスの特性が不明となっているという。アマゴと比べて池中養殖はややむずかしい。湖沼の釣りの対象で肉味も佳良である。[久保達郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビワマスの関連キーワード諏訪湖ベニザケ甘子池蝶貝下諏訪諏訪琵琶鱒諏訪の湖ギンザケ琵琶湖の内湖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビワマスの関連情報