ビワマス

百科事典マイペディアの解説

ビワマス

サケ科の魚。琵琶湖の特産魚だが,諏訪湖中禅寺湖にも移植された。通常,湖の最深部に生息。体長は60cmに達する。成魚の体色は銀白色で,生殖期には緑色を帯び体側に斑状の婚姻色が現れる。産卵期は10〜11月。美味で釣りの対象魚とされるが,資源保護のため,産卵期の親魚は禁漁となる。また人工孵化放流も行われている。準絶滅危惧(環境省第4次レッドリスト)。かつてサツキマスアマゴ)の降湖型と考えられていたが,現在では別の種類とする説が強い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビワマス
びわます / 琵琶鱒
Biwa salmonBiwa-masu
[学]Oncorhynchus rhodurus

硬骨魚綱サケサケ科に属する魚。本来琵琶(びわ)湖の特産とされ、古くからアメノウオ、エサケ、ミズサケとよばれた。外観はサクラマスとよく似るがやや小形で、幼魚はアマゴと同様に小判形のパーマークと朱点を有する。諏訪(すわ)湖で「アメ」とよばれるのは小形のビワマスとみなされる。これまで渓流のアマゴとまったく同一の魚種と考えられていたが、近年、外観や生活型のうえでアマゴとは異なった系統群の魚、もしくは別亜種とする見解が強い。すなわち、幼時のパーマークがアマゴのそれと多少異なり、湖水生活に入ったものはパーマークと朱点が消えて銀白色となる。大形のものは60センチメートルに達し、小アユ、イサザ、小エビおよび水生昆虫などの小動物を捕食する。主として3年目に成熟し、産卵期は10月中旬から11月下旬で、サクラマスの場合と同様の第二次性徴、とくに淡紅色と緑褐色の婚姻色が目だち、雌はやや黒ずむ。流入河川のやや下流域で産卵し、当歳の幼魚は、春に湖水に降下する。かなり以前から人工孵化(ふか)放流が行われており、また芦(あし)ノ湖、中禅寺湖などに移されて繁殖しているが、中禅寺湖のマスは近年サクラマスとの混合(交配?)のためかビワマスの特性が不明となっているという。アマゴと比べて池中養殖はややむずかしい。湖沼の釣りの対象で肉味も佳良である。[久保達郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビワマスの関連情報