コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビー B/b

デジタル大辞泉の解説

ビー(B/b)

英語のアルファベットの第2字。
順序・段階・等級などの2番目。第2位。
〈B〉物の表裏をABで表す場合の裏。「テープのB面」
音楽で、音名の一。ロ音。
〈B〉《basement》ビルなどの地階を表す略号。
black》鉛筆の芯の硬度(黒さ)を表す記号の一。「2B」→HF
〈B〉《boron硼素(ほうそ)元素記号
ABO式血液型のB型。
〈B〉紙の規格寸法のB判。→A
10 〈B〉《bustバストを表す記号。
11 〈B〉インフルエンザウイルスの型。
12 〈B〉俗にペッティングのこと。Aをキス、Cをセックスとして、その間の段階ということから。

ビー(bee)

蜂。蜜蜂(みつばち)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ビー【B・b】

英語のアルファベットの第二字。
等級のうち A に次ぐもの。二番目。 「 -クラス」
〔black〕 鉛筆の芯の軟らかさを表す記号( B )。 ↔ H
ホウ素(boron)の元素記号( B )。
ABO 式血液型の一。 B 型。
バスト(bust)を表す記号。
紙の大きさを表す記号。 → B 判( ABC 略語)
カメラのシャッターのバルブ(bulb)の記号( B )。
〘音〙 ロの音。
建物の地階(basement)を表す記号( B )。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ビーの関連キーワードビジネスと生物多様性オフセットプログラムデジタルビデオブロードキャスティングコストブレークダウンストラクチャーエフェクツベースドオペレーションズコンピューターベーストレーニング組織ブレークダウンストラクチャービジネスソフトウエアアライアンスブラインドカーボンコピーマネージメントバイアウト日本バスケットボール協会ブレティンボードサービスバイオセーフティーレベルユニバーサルシリアルバスアセンブルツーオーダータイムベースコレクター日本国際児童図書評議会米連邦準備制度理事会国際ボクシング連盟連邦準備制度理事会ポリ塩化ビフェニル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビーの関連情報