コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウス[12世] ピウス

1件 の用語解説(ピウス[12世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ピウス[12世]【ピウス】

ローマ教皇(在位1939年―1958年)。教皇庁の外交畑で功績をあげ,ナチズム共産主義との対決姿勢を強く打ち出した。マリア被昇天の教義の宣言,友進化論の立場でも知られる。
→関連項目ホーホフート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のピウス[12世]の言及

【教皇】より

…公会議後の諸教皇には人間的欠点が見られるとしても,教会の最高牧者にふさわしくない教皇は一人もいない。ピウス5世PiusV(1566‐72),グレゴリウス13世(1572‐85),シクストゥス5世SixtusV(1585‐90)はカトリック刷新に献身し,パウルス5世(1605‐21),グレゴリウス15世(1621‐23)はこれを続行した。ウェストファリア条約締結からフランス革命にかけての時代に西欧の世俗化が進展し,教皇職の地位はカトリック諸国においても衰えた。…

※「ピウス[12世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピウス[12世]の関連キーワードエウゲニウス教皇教皇庁クレメンスレオローマ教皇庁ヨハネスローマ教皇ローマカトリック教会ローマ教会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone