コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロカルピン pilocarpine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロカルピン
pilocarpine

C11H16N2O2 。ブラジルに自生するミカン科の低木ヤボランジ Pilocarpus jaborandiはじめ数種の葉に含まれるアルカロイド。油状または結晶。水,アルコール,クロロホルムに可溶,エーテル,ベンゼンには難溶。普通,塩酸塩として唾液分泌促進,発瞳孔縮小などの目的に用いる。またアトロピン中毒の解毒にも使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ピロカルピン【pilocarpine】

ブラジル産のミカン科植物ヤボランジから得られたアルカロイドの一。副交感神経興奮作用があり、発汗剤・緑内障用薬・縮瞳薬として使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピロカルピン
ぴろかるぴん
pilocarpine

中央・南アメリカ原産のPilocarpus jaborandiの葉から抽出されたアルカロイドで、その塩酸塩(塩酸ピロカルピン)が医薬品として用いられる。副交感神経作用薬で、縮瞳(しゅくどう)、唾液(だえき)分泌亢進(こうしん)、発汗、消化液分泌亢進、気管支分泌増大、消化管運動亢進、子宮・膀胱(ぼうこう)・胆管・気管支筋の収縮をおこす。アトロピンと拮抗(きっこう)する。塩酸ピロカルピンは無色の結晶または白色の粉末で無臭、味はわずかに苦い。毒薬で、製剤は劇薬。点眼液および眼軟膏(なんこう)として診断または治療のための縮瞳を目的とし、眼圧を低下させるので緑内障の治療に用いる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のピロカルピンの言及

【自律神経薬】より


[副交感神経興奮薬parasympathomimetic agent]
 副交感神経終末から興奮伝達物質として放出されるアセチルコリンが結合して効果器に興奮を伝達する部位,すなわち,アセチルコリン受容体のうちでもムスカリン様受容体と呼ばれるものを興奮させて,副交感神経興奮と同様の効果を発現する薬物をいう。この種の薬物は,アセチルコリン,ムスカリン,ピロカルピン,メタコリンなどのように直接受容体に作用するものと,神経終末から放出されたアセチルコリンを分解する酵素であるコリンエステラーゼを阻害して,アセチルコリンの蓄積をもたらすもの(抗コリンエステラーゼ薬)とに大別される。抗コリンエステラーゼ薬としては,フィゾスチグミン,ネオスチグミンなどがある。…

※「ピロカルピン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピロカルピンの関連キーワード慢性閉塞隅角緑内障、慢性開放隅角緑内障の治療ジョン・ニューポート ラングリー副交感神経興奮薬限局性強皮症サラジェン錠自律神経薬自律神経剤ミカン科配合禁忌発汗療法点眼薬多汗症発汗剤縮瞳薬

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピロカルピンの関連情報