ピーターバラ(英語表記)Peterborough

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリスイングランド東部の都市。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。中心部はノーサンプトンシャー県,東部はケンブリッジシャー県,ニーン川南部はハンティンドンシャー県に属していた地域からなる。1974年の自治体再編でケンブリッジシャー県の一部となり,1998年に単一自治体となった。ケンブリッジ北西約 50km,フェン地方と呼ばれる低地の西縁部にあり,ニーン川に臨む。1118年に建造が始まった聖ピーター大聖堂を中心に発展した町で,14世紀には羊毛産業の中心地となり,織物梳毛の生産が行なわれた。広大な湿地帯であったフェン地方が,17世紀半ば以降本格的な排水事業により干拓され農業地帯となってからは,農産物を集散する市場町として発展。19世紀半ば鉄道が通じてから工業が発達し,ディーゼルエンジン蒸気タービンポンプ,電気器具,果実・野菜缶詰,製糖(甜菜糖)などの工業が行なわれている。ロンドンエディンバラを結ぶ鉄道が通り,接続地点であるため倉庫や流通業に適している。面積 343km2。人口 15万9700(2005推計)。
カナダ,オンタリオ州南東部の都市。トロント北東約 110km,オトナビー川河畔に位置する。 1821年 A.スコットが比高差 15mのを利用した製材所,製粉所を建設。 25年 P.ロビンソンに引率されたアイルランドの移住者約 2000人が入植地名はその引率者の名にちなみ命名商工業の中心地,電気機械ボート,船舶設備,時計,食品工業が行われる。人口6万 8371 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イギリス,イングランド中東部,ケンブリッジシャー北部(旧,ハンティンドン・ピーターバラ州)にある商工業都市で,1974年までは旧州内の行政中心でもあった。人口15万6000(1993)。中世前期にはメデシャムステッデと呼ばれた。ニーン川の中流ウォッシュ湾からの遡航限界点に位置し,水陸交通,農産取引の重要な中心地で,ディーゼル機関農業機械,食品などの工業も行われる。【長谷川 孝治】
[大聖堂]
 町の中央に建つ大聖堂は,同市の守護聖人ペテロ(ピーター)にささげられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピーターバラの関連情報