コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイヒンガー Vaihinger, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイヒンガー
Vaihinger, Hans

[生]1852.9.25. ウュルテンベルク
[没]1933.12.18. ハレ
ドイツの哲学者。 1884年ハレ大学教授。 96年哲学研究雑誌『カント研究』 Kantstudienを創刊,また 1905年カント協会を創立した。哲学的にはショーペンハウアーや F. A.ランゲの影響を受け,「かのようにの哲学」 Philosophie des Als-Obを主張,一種のプラグマティズムの立場をとり,観念論的実証主義を提唱した。主著『カントの純粋理性批判注釈』 Kommentar zu Kants Kritik der reinen Vernunft (2巻,1881~92) ,『かのようにの哲学』 Die Philosophie des Als-Ob (1911) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ファイヒンガー

ドイツの哲学者。カント文献学者としても有名。1911年主著《かのようにの哲学》において,人間の一切の思惟活動を生に有用な〈仮構〉とみる観念論的実証主義を説き,生の哲学やプラグマティズムに影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファイヒンガー【Hans Vaihinger】

1852‐1933
ドイツの哲学者。シュトラスブルク(ストラスブール)大学,ハレ大学の教授。主著《かのようにの哲学》(1911)は,〈観念論的実証主義にもとづく人間の理論的,実践的,宗教的虚構の体系〉という副題をもち,数学,自然科学から道徳的宗教的知見にいたる人間のすべての知的いとなみを,生活のために有用な虚構であり,実在との一致としての真理とは無関係とする考えを詳細に展開している。カント研究者としても有名。【坂部 恵】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファイヒンガー
ふぁいひんがー
Hans Vaihinger
(1852―1933)

ドイツの哲学者。ハレ大学教授。カント、ランゲ、ショーペンハウアーの影響のもとに、プラグマティズム的に解釈された独自の仮構主義(フィクショナリズム)を展開し、それを実証主義的観念論ないしは観念論的実証主義とよんだ。彼によると、思考と認識は生活目的に到達するための手段であるが、直接的な体験の現実を純粋に理論的に認識することはできず、現実との一致という意味での真理を実現することはできない。知識が実際上の価値をもつかどうかが重要であり、論理的に矛盾を犯していても、それは生活のうえで重要な目的を果たしている。知識とは、それが真である「かのようである」ことにほかならず、「われわれの世界の表象形態は仮構の巨大な織物であり、矛盾に満ちている」と唱えた。1897年雑誌『カント研究』を創刊し、1905年にはカント協会を設立して、新カント学派の交流と普及に努めた。著書『かのようにの哲学』Die Philosophie des Als-Ob(1911)など。[千田義光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ファイヒンガーの関連キーワードアルス・オプの哲学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android