ファンデーション(英語表記)foundation

翻訳|foundation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファンデーション
foundation

ファンデーションクリームの略で,化粧の基礎になる下地クリームをいう。コールドクリーム白粉 (おしろい) の成分を練り込んだもの。

ファンデーション
foundation

ファンデーションガーメントの略称。体型を整えたり,シルエットを変化させたりする目的で着ける下着の総称。ブラジャーコルセット,ガードル,ペティコート,その他がある。前 13~12世紀にクレタではすでにコルセットのようなものが使用されていたといわれ,古代ギリシアでも,ブラジャーの1種であるゾナ zonaが使用されていた。中世の後期になって,女性の衣服のウエストが細くなりはじめるとコルセットは不可欠となり,その後 20世紀初頭まできわめて重要な役割を果すようになる。これに応じてスカートを拡大するためのペティコートやフープ (腰枠) が用いられるようになり,16世紀にはファージンゲール,18世紀にはパニエ,19世紀中期にはクリノリンなどが案出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ファンデーション(foundation)

《基礎・土台の意。「ファウンデーション」とも》
体形や衣服の外形を整えるための女性用下着類。ブラジャー・コルセットなど。
下地用の化粧品。また、固形やクリーム状のおしろい。
油絵の下地として塗る、主として白色の絵の具。また、それによる下塗り。
(Foundation)財団。社会事業団。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ファンデーション【foundation】

〔ファウンデーションとも。基礎の意〕
体形を整えるための女性用下着類。ブラジャー・ガードル・コルセットなど。
下地用の化粧品。粉おしろいを油脂に混ぜてクリーム状・液状にしたもの。
絵画で、油彩画の下地として塗る白色絵の具、またそれによる下塗り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファンデーション
ふぁんでーしょん
foundation

体形を整えるための女性用下着。代表的なものとしてガードルgirdle(伸縮性のある素材を用いて腹部を引き締めヒップ・ラインを整える)、ボディスーツbodysuit(オールインワンall-in-oneともいう。ブラジャーとガードルが一続きになったもので、ボディ・ラインを整える)、ブラジャーbrassire(胸部を整える)などがある。これに対し、アウト・ウエアの滑りをよくしたりするための装飾下着をランジェリーlingerieとよぶ。なおこのほかに、化粧下地に使う化粧品の意味もある。[深井晃子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファンデーションの関連情報