ファーストフード(英語表記)fast food

翻訳|fast food

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーストフード
fast food

すばやく準備でき,ただちに食べることのできる食品。購入,保管調理などの利便性を高めたコンビニエンス食品や,軽食間食に供するスナック食品などと一義的には同じ範疇に属する場合がある。牛丼や立ち食いそばなどをはじめ,ピザ,フライドチキンハンバーガーなどがある。一部大規模企業による寡占化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ファーストフード

待たずに食べられる簡単な食品のこと。持ち帰りもできる。アメリカではハンバーガーやフライドチキンなどを扱うファーストフードの店がチェーン店形式で展開されているが,日本でも1969年に飲食業が100%自由化されると,ケンタッキー・フライド・チキン,ミスタードーナツ,マクドナルドといった外国資本のファーストフード店が続々と開店した。最近では商品も多様化し,車に乗ったまま食品を買えるドライブスルーという形式を取り入れている店もある。
→関連項目外食産業小児成人病スローフード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ファーストフード【fast food】

〔ファーストは、早い意〕
注文するとすぐに供される食品。ハンバーガー・ホット-ドッグ・牛丼など。ファスト-フード。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーストフード
ふぁーすとふーど
fast food

注文してすぐ食べられ、持ち帰りも可能な食品のことで、転じてそれらを提供する飲食店をさすことばとしても使用される。対極のことばとしてスローフードslow foodがある。ファーストフードは外食産業のなかで「早い、そして安くてうまい」ことで顧客をとらえている業態のことで、経済産業省の商業統計によると客単価700円未満、料理提供時間3分未満、セルフ・サービス方式を導入しているものをさす。ハンバーガー、フライドチキン、ピッツァ、アイスクリーム、すし、牛丼、そば、うどん、カレーライスなどを出す店がその代表例である。メニューの統一と店舗数を増やす大規模チェーンの展開による少品種大量販売を目ざし、食材などの共同仕入れとセントラル・キッチン方式(レストランのチェーン店などに料理を提供するための中央集中料理方式)および会社全体のOA化などによるコスト節減によって「安い」を実現し、売上げを激増させてきた。
 ファーストフードの過半は、大手資本の支配するところである。「日本マクドナルド」は、アメリカから1971年(昭和46)に日本進出を果たし、1982年には日本の外食産業のトップに躍り出て以降、最大手として業態を牽引(けんいん)してきたが、2010年(平成22)12月期の連結売上高が3237億円となり、「すき家」などを展開する「ゼンショー」の2011年3月期の連結売上高である3707億円を下回り、国内資本のファーストフードチェーンに逆転された(数値は『会社四季報』2011年3集・夏号)。業界全体では、1997年(平成9)以降個人消費の伸び悩みが売上げの低迷に影響を与えている。[殿村晋一・渡辺達朗]
『中島達弘著『ファーストフード戦争』(1977・東京経済) ▽マイケル・F・ジェイコブソン著編『ファーストフードの秘密』(1988・技術と人間) ▽『商業統計表 特定業態店統計編(一般飲食店)』(1994・通商産業省) ▽食べもの文化編集部編『子どもの好きなラーメン・レトルト・ファーストフード早わかり』(1997・芽ばえ社) ▽『外食企業年鑑 各年版』(外食産業新聞社) ▽『外食産業統計資料集 各年版』(外食産業総合調査研究センター)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のファーストフードの言及

【飲食業】より

… 飲食需要は増勢にあるが,小規模零細企業から成り立っているため,(1)材料費と人件費の比率がコストの80%を占める,(2)品質,サービスが不安定である,という問題がある。こうした状況下で1969年飲食業が自由化100%業種に指定され,以後アメリカを中心とするファーストフードfast foodsの外国資本が日本に続々と進出してきた。すなわち,70年3月ケンタッキー・フライド・チキンが日本万国博覧会(大阪)に実験店を出し,71年4月にはミスタードーナツ,同年7月には日本マクドナルドが三越銀座店に,それぞれ1号店を出し,以後チェーン展開によって急速に増加した。…

【外食】より

… ただし,こうした食事形態を総称して外食と呼ぶようになったのは,41年4月戦時下食糧統制の一環として,米穀配給通帳制とともに外食券制が実施され,ちまたに外食券食堂の表示が見られるようになってからのことである。第2次大戦後,60年代の高度成長期に入ると,雇用増大などの要因もあって外食人口は急増し,70年代に入るとハンバーガー,フライドチキン,ドーナツなどのいわゆるファースト・フードのアメリカ資本の日本上陸が行われ,その刺激によってファミリー・レストランその他の外食産業が隆盛をきわめるようになり,食生活に対する日本人の意識にも大きな変化が見られるようになった。飲食業【高田 公理】【鈴木 晋一】。…

※「ファーストフード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファーストフードの関連情報