コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリップ・モリス Philip Morris tobacco companies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリップ・モリス
Philip Morris tobacco companies

アメリカ最大のたばこ会社。フィリップ・モリス USAとフィリップ・モリス・インターナショナルがあり,ともにアルトリア・グループの傘下企業。アルトリアは 1902年フィリップ・モリス・アンド・カンパニーとして設立。 1934年コンチネンタル・トバコ,1944年アクストン・フィッシャー・トバコの資産を買収。 1954年ベンソン・アンド・ヘッジスを買収,1955年フィリップ・モリス Inc.に社名変更。 1961年国外向け部門をフィリップ・モリス・インターナショナル,1968年国内向け部門をフィリップ・モリス USAとし,1970年ビールメーカーのミラー・ブルーイングを買収。 1985年特殊会社フィリップ・モリス・カンパニーズ発足,同 1985年ゼネラル・フーズを,1988年クラフトを買収し,1989年両社を合併してクラフト・ゼネラル・フーズを設立。フィリップ・モリス・カンパニーズは 2003年アルトリア・グループに社名変更した。たばこの著名なブランドとして「マルボロ」「パーラメント」「フィリップ・モリス」「ベンソン・アンド・ヘッジス」がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フィリップ・モリス

フィリップ・モリス・ジャパンが輸入、販売するタバコのブランド。「スーパーライト」「エクストラライト」「ワン」のほか、メンソール、ボックスタイプがある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィリップ・モリス
ふぃりっぷもりす
Philip Morris

アメリカのたばこメーカー。たばこのほか、食品・ビールのメーカーとしても世界有数。1847年に創業者フィリップ・モリスがロンドンで開いたたばこ店を前身として、後に製造業に転じた。1919年にバージニアにたばこ製造会社としてPhilip Morris and Co. Ltd.が設立され、1929年にはニューヨークに本社を移転。1954年にベンソン・アンド・ヘッジスBenson & Hedges Co.を買収し、急成長を遂げた。1960年代に入るとマールボロMarlboroなどの銘柄によるブランドイメージが定着し、世界的に販売を展開する。1969年にはビール会社のミラーMiller Brewing Co.を、1978年には清涼飲料のセブンアップSeven-Up Co.を買収(海外販売部門は1986年ペプシコに売却)。1988年にはクラフトKraft Inc.を買収し、食品産業への本格的な進出を果たした。さらに2000年、クラッカーの「リッツ」やクッキーの「オレオ」などで知られるアメリカの食品大手ナビスコNabisco Holdings Corp.を買収、傘下のクラフトに事業を統合した。
 たばこの主要銘柄はマールボロのほか、パーラメントParliament、バージニア・スリムVirginia Slimsなど。たばこの販売は国内ではフィリップ・モリス・USA、海外ではフィリップ・モリス・インターナショナルを通じて行われている。食品を扱うクラフト・フーズの主力製品は包装食品、コーヒー、チーズ、加工食肉製品などであり、その製造・販売においては北米最大手である。海外市場はクラフト・フーズ・インターナショナルが担当。ビールの主要銘柄はミラーMillerなど。国内のビール市場では約20%のシェアを誇った(2001)。禁煙・嫌煙運動が高まるなか、たばこ事業での相次ぐ健康被害の賠償訴訟に直面したフィリップ・モリスは、2002年には本体である持株会社Philip Morris Companies Inc.の社名をアルトリア・グループAltria Group, Inc.に変更し、非たばこ事業の拡充を図った。各事業会社のフィリップ・モリス、クラフト・フーズなどは名称を変えなかった。
 2002年にビール製造のミラーと南アフリカのサウスアフリカン・ブルワリーズSouth African Breweries plcが合併し、SABミラーSABMiller plcを設立(新会社株式の約25%を保有)。2007年にクラフト・フーズ、2008年にフィリップ・モリス・インターナショナルを分社化した。2009年に無煙たばこメーカーのユー・エス・ティーUST Inc.を買収した。2009年時点で、アルトリアグループはフィリップ・モリスUSA、USスモークレス・タバコU.S. Smokeless Tabacco Co.、ジョン・ミドルトン・カンパニーJhon Middleton Company(葉巻・パイプタバコの製造)、サント・ミッシェル・ワイン・エステーツSte. Michelle Wine Estates、フィリップ・モリス・キャピタル・コーポレーションなどから構成されている。2008年の売上高は193億3600万ドル、純利益49億3000万ドル。売上げのほとんどをタバコ製品が占めた。[萩原伸次郎]
『伊佐山芳郎著『現代たばこ戦争』(岩波新書) ▽Richard KlugerAshes to Ashes ; America's Hundred-Year Cigarette War, the Public Health, and the Unabashed Triumph of Philip Morris(1997, Vintage Books, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フィリップ・モリスの関連キーワードフィリップ・モリス・ウルトラ・メンソール・ワン・100ボックスフィリップ・モリス・スーパー・メンソール・KSボックスフィリップ・モリス・エクストラ・ライト・100ボックスマールボロ・ライト・メンソール・100's・ボックスフィリップ・モリス・スーパー・ライト・100ボックスフィリップ・モリス・エクストラ・ライト・KSボックスマールボロ・ウルトラ・ライト・メンソール・ボックスマールボロ・ゴールド・ワン・100's・ボックスマールボロ・ブラック・メンソール・ワン・ボックスパーラメント・エクストラ・ライト・100ボックスパーラメント・ライト・メンソール・100ボックスフィリップ・モリス・スーパー・ライト・ボックスマールボロ・フィルタープラス・ワン・ボックスラーク・ウルトラ・メンソール・100ボックスベーシック・ライト・メンソール・KSボックスラーク・ウルトラ・メンソール・KSボックスマールボロ・ブラック・メンソール・ボックスマールボロ・アイス・ブラスト・KSボックスフィリップ・モリス・ワン・100ボックスパーラメント・ヌーヴォー・100ボックス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィリップ・モリスの関連情報