コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンセン Finsen, Niels Ryberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィンセン
Finsen, Niels Ryberg

[生]1860.12.15. トルスハウン
[没]1904.9.24. コペンハーゲン
デンマークの医師。両親はアイスランド人。 1890年コペンハーゲン大学卒業。 93年に赤色光線が痘瘡患者の発疹の化膿を防ぎ,瘢痕を残さないことを確かめ,発表した。次いで太陽光線の殺菌効果は紫外線にあることを発見し,特に北欧に多い皮膚結核の一種である尋常性狼瘡を紫外線で治療することに成功した。「近代光線療法の父」といわれ,96年にフィンセンの医学光線研究所 (現在のフィンセン研究所) がコペンハーゲンに設立された。皮膚疾患に対する光線療法の実績に対して 1903年,ノーベル生理学・医学賞が授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フィンセン

デンマークの医学者。コペンハーゲン大学卒。同地の光線療法研究所長。光線による皮膚病の治療法を研究した。天然痘狼瘡(ろうそう)に対する光線療法の成功によって1903年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィンセン【Niels Ryberg Finsen】

1860‐1904
デンマークの医学者。フェロー島の知事の子としてトルスハウンで生まれ,1891年コペンハーゲン大学で医学の学位を得た。外科学教室の解剖助手に任命されたが,光線の治療的応用に興味をもち,96年コペンハーゲンに光線治療研究所を設立した。太陽光線が培養基中の細菌を殺すことを発見し日光療法を提唱。また狼瘡(ろうそう)(結核菌によって起こる皮膚病)に対して強力な短波長光線の照射が好結果をもたらすことを発見し,フィンセン灯と呼ばれる炭素アーク灯を考案した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィンセン
ふぃんせん
Niels Ryberg Finsen
(1860―1904)

デンマークの医学者。フェロー諸島のトールスハウン生まれ。1890年コペンハーゲン大学医学部を卒業、解剖学教室助手となる。生活体に及ぼす光線の影響を研究し、1893年天然痘(てんねんとう)の赤外線療法に関する論文を発表。1896年光線研究所を創設して研究し、その結果、皮膚結核(尋常性狼瘡(ろうそう))に対する特殊光線の治療効果を確認した。この業績で1903年ノーベル医学生理学賞を受けた。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィンセンの関連キーワード東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館トゥールーズ=ロートレックフィリップス・コレクションじゃがいもを食べる人たちクレラー=ミュラー美術館スタンフォード ムーアニューヨーク近代美術館高知県室戸市室戸岬町サマンサ フォックスN.R. フィンセンルーラン夫人の肖像馬鈴薯を食べる人々オーヴェルの教会医師ガシェの肖像ガシェ博士の肖像カラスのいる麦畑耳を切った自画像夜のカフェテラスクリスティーズアルルの跳ね橋

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android