コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェニレンジアミン phenylenediamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェニレンジアミン
phenylenediamine

ジアミノベンゼンのこと。化学式 C6H4(NH2)2 。3種の異性体がある。相当するジニトロベンゼンまたはニトロアニリンを還元剤により,あるいは触媒を使って水素還元して製造する。 (1) o 体 葉状晶 (水から再結晶) ,板状晶 (クロロホルムから再結晶) 。融点 102~103℃。特殊建染め染料の中間体。 (2) m 体 菱形の結晶 (エチルアルコールから再結晶) 。融点 63~64℃。アゾ系の塩基性染料,媒染染料,直接染料および酸性染料の中間体。 (3) p 体 板状晶 (エーテルから再結晶) 。融点 140℃。媒染剤の違いにより毛皮を種々の色に染められるので,毛皮の酸化染料として使われ,また毛髪の染料や木綿の捺染にも使われる。アゾ系の分散性染料,酸性染料,直接染料,硫化染料などの中間体となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェニレンジアミン【phenylenediamine】

ジアミノベンゼンともいう。o‐体(融点103.8℃,沸点252℃),m‐体(融点62.8℃,沸点287℃),p‐体(融点147℃,沸点267℃)の3異性体がある。o‐体,p‐体は,アセトアニリドをニトロ化してo‐およびp‐ニトロアセトアニリドとし,両者を分離したのち,それぞれを加水分解して得られるo‐およびp‐ニトロアニリンを還元してつくる。m‐体は,ニトロベンゼンをニトロ化してmジニトロベンゼンとし,これを還元してつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フェニレンジアミンの関連キーワードポリフェノールオキシダーゼダイレクトディープブラックエチルアルコールジアミノベンゼンフェナントロリンアセトアニリドイオン交換樹脂メチレンブルーニトロアニリンクロロホルムベンゾキノン接触皮膚炎セミキノン写真用色素アラミドニトロ化発色現像ニトロ発色剤白髪染

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android