コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道連絡船 てつどうれんらくせん railway ferry

3件 の用語解説(鉄道連絡船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄道連絡船
てつどうれんらくせん
railway ferry

海峡のような比較的短距離の水域をはさんで相対する2つの陸地の鉄道の駅から駅を連絡する目的で運航される特殊船舶。また単に鉄道企業が直営する航路を鉄道連絡船と呼ぶこともある。一般に両端の鉄道列車運転に接続する時刻表で運航されるため,これに適した高速性能,耐浪性のすぐれた船であることが要求される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉄道連絡船【てつどうれんらくせん】

海や河川湖沼の両岸の鉄道に接続して定期に運航する船。このうち車両渡船は車両甲板に線路を設け,陸上の線路と連結して船尾の開口から鉄道車両を積みおろしする。このため潮の干満に応じてレール連結部を調整し,また船のトリミング(前後のバランス)調節のため強力なポンプを備える。
→関連項目フェリーボート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうれんらくせん【鉄道連絡船】

鉄道を敷設することができない水上の部分に,鉄道の一線区としての航路を開設し,両岸の鉄道を連絡する船舶。1884年,金ヶ崎(敦賀港)から長浜まで全通した鉄道と,神戸から東に延び大津に達していた鉄道とが,太湖汽船会社の第一・第二太湖丸(客船)によって琵琶湖湖上経由で結ばれたのが日本における鉄道連絡船の始まりである。この航路は,89年,東海道線と長浜~米原間の鉄道の開通とともに姿を消した。また,鉄道貨物輸送に大変革をもたらした貨車航送は1911年,下関~小森江(福岡県)間を小蒸気船に曳航されたはしけによって開始された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄道連絡船の関連キーワード敷設艦否めない欠かせない失象徴手が付かない配管歯が立たない見兼ねる顔向けができない敷設

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄道連絡船の関連情報