コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェレドキシン フェレドキシン ferredoxin

翻訳|ferredoxin

4件 の用語解説(フェレドキシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェレドキシン
フェレドキシン
ferredoxin

植物および細菌に広く分布する電子伝達蛋白質。鉄と硫黄の原子を等モルずつ含んでいて (2個ずつのことが多い) ,分子量は1万~1.6万。植物では光合成明反応での電子伝達に関与する。酸化還元電位は低く,ホウレンソウフェレドキシンでは-0.42V。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フェレドキシン(ferredoxin)

鉄と無機硫化物を含む鉄たんぱく質。鉄原子をヘム基の形で含まない非ヘム鉄たんぱく質に分類される。光合成などの電子伝達系で電子運搬作用を担う成分の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

フェレドキシン

 光合成,窒素固定,硝酸や硫酸の還元などに際し,電子伝達系として機能する鉄硫黄タンパク質

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フェレドキシン【ferredoxin】

分子中に鉄原子と不安定無機硫酸を等量ずつ含んでいるタンパク質で,酵素作用はなく光合成,窒素固定などの各種代謝系で電子伝達体として機能する。細菌,藻類,高等植物に広く分布し,分子量は6000~2万5000。可視部に特徴的な吸収スペクトルを示す。多くの生物種のものについて,その一次構造が決定され,立体構造も解析されている。さらにそれらの比較に基づく分子進化の研究も進んでいる。【宝谷 紘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフェレドキシンの言及

【鉄】より

…前者はヘムタンパク質と呼ばれ,動物赤血球中のヘモグロビン,筋肉中のミオグロビンなどがその例で,おのおの4分子,1分子のヘム基をもち,酸素分子の運搬,貯蔵の役割をしている。後者には,光合成の際,電子伝達の役割を果たすフェレドキシンなどがあるが,総称して鉄硫黄タンパク質と呼ばれる。また,イオンとしての鉄は,ある種の酵素(アコニターゼなど)の活性化に必要な因子としても働く。…

※「フェレドキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フェレドキシンの関連キーワードクロロクルオリン多原子分子二塩基酸分子式ヘム単原子分子鎖状分子熱不安定性ビタミンバーロウの規則不安定分子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone