コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォイアマン フォイアマンFeuermann, Emanuel

5件 の用語解説(フォイアマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォイアマン
フォイアマン
Feuermann, Emanuel

[生]1902.11.22. コロムイヤ
[没]1942.5.25. ニューヨーク
オーストリアチェロ奏者。ウィーンで A.ワルターに師事,11歳でデビューし,ライプチヒで J.クレンゲルに学び,16歳でケルン音楽院の教授になった。 1929~33年ベルリン音楽院の教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フォイアマン

オーストリア出身のチェロ奏者。カザルスとともに20世紀前半のチェロ界を代表する大家。ガリツィア地方のコロミヤ(現ウクライナ領)に生まれ,7歳で家族とウィーンへ移住。
→関連項目チェロピアティゴルスキー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フォイアマン

アントニオ・ストラディバリ製作によるチェロ。1730年製。日本音楽財団が保有している。名称は、チェリストのエマニュエル・フォイアマン(1902-1942)が1934年以降、長年にわたり演奏してきたことにちなむ。一般的なチェロと比べ、本体部分が細長いのが特徴。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォイアマン【Emanuel Feuermann】

1902‐42
オーストリアのチェロ奏者。1912年ウィーンでデビュー,その後ライプチヒでJ.クレンゲルに師事する。ケルン音楽院,次いでベルリン高等音楽学校で,さらに33年ナチス政権を逃れて渡米した後はカーティス音楽学校で教鞭をとった。完璧な技巧と明確な現代的スタイルをもつその演奏のため,第1次大戦前の時代に,独奏,室内楽の両分野でP.カザルスに次ぐ世界的名声を博した。A.シュナーベル(ピアノ),B.フーベルマン(バイオリン)との,あるいはA.ルビンステイン,J.ハイフェッツと組んだトリオは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォイアマン
ふぉいあまん
Emanuel Feuermann
(1902―1942)

オーストリア出身のアメリカのチェロ奏者。ウィーンとライプツィヒで学び、短期間オーケストラ奏者を務めたのち、独奏、室内楽、教育活動に入る。1929年ベルリン音楽大学教授となったが、ナチスに反対して辞任、渡米。34年(昭和9)と36年に来日している。卓越した技巧家として知られ、バイオリン独奏曲をチェロで楽々と演奏して聴衆を驚かせた。渡米後は独奏のほか、ルービンシュタイン、ハイフェッツとピアノ三重奏を組んで活躍、またカーチス音楽学校教授も務めた。カザルスの後継者と目されたが、40歳の誕生日を前にニューヨークで病死した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォイアマンの関連キーワード正岡子規熱雲バルフォアコープランドコワニェベックマンファシン岩タクリー号学鐙グレーザー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone