コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンテーヌ Fontaine, Pierre François Léonard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォンテーヌ
Fontaine, Pierre François Léonard

[生]1762.9.20. ポントアーズ
[没]1853.10.10. パリ
フランスの建築家,装飾家。 1779年にパリに出て,ジョゼフ・ペール (小ペール) のもとで学び,85年にローマ大賞を得てローマに留学。フランス革命後ナポレオン1世に仕えて,マルメゾンの邸館の改築にあたり,その後ルイ 18世,ルイ・フィリップに仕えた。イタリアの古典主義とロマン主義とを結んだ作風アンピール様式を築き,C.ペルシエとともにカルーゼル凱旋門 (1806) ,パレ・ロワイヤルの修復,ルーブル宮殿とチュイルリー宮殿の階段,マルメゾンの邸館のジョゼフィーヌの寝室と図書館 (05頃) などの設計を行なった。おもな著作に『ローマの宮殿と邸館』 Palais,maisons,etc.,à Roma (1798) ,ペルシエとの共著『室内装飾集』 Recuil de décorations intérieures (1801) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フォンテーヌ

フランスの建築家。ナポレオン時代の新古典主義建築の代表者の一人。ペルシエCharles Percier〔1764-1838〕と組んで活動し,代表作カルーゼル凱旋門(1808年)などを通してアンピール様式を築いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォンテーヌ【Pierre François Léonard Fontaine】

1762‐1853
フランスの建築家。建築家の息子としてポントアーズに生まれ,エコール・デ・ボザール(国立美術学校)でペルシエと知り合う。ローマ留学後ペルシエとともに王室建築家としてチュイルリーなどの宮殿の修復を担当し,ナポレオンの帝政ローマ再現の夢を実現するために尽くす。ペルシエと共同で設計したカルーゼル凱旋門(1806)などを通してアンピール様式を築いた。【羽生 修二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンテーヌ
ふぉんてーぬ
Pierre-Franois-Lonard Fontaine
(1762―1853)

フランスの建築家、家具デザイナー。ポントアズ生まれ。修業中に知り合ったペルシエCharles Percier(1764―1838)とともに1784~92年にローマに留学したのち、1814年にペルシエが隠退するまで、つねに共同制作を続けた。2人はナポレオンの知遇を得るようになるが、フォンテーヌは皇帝側近の首席建築家に登用され、マルメゾン、フォンテンブロー、コンピエーニュ、チュイルリーなどの宮殿の改装に従事した。代表作は、ナポレオン軍に敬意を表して建立されたカルーセル凱旋(がいせん)門(1806~07)である。屋内装飾と家具デザインの分野では、いわゆるアンピール様式の主導者となった。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォンテーヌの関連キーワードフーケ(Nicolas Fouquet (Foucquet))フォンテーヌブローの宮殿と庭園フォンテンドボークリューズゴドフロア[フォンテーヌ]ベルナール[クレルボーの]〈フランス〉Adonis里の自然村 ルーラル吉瀬フレデリック カッセルギュスターヴ ミショーラ・サブリエール夫人ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)ファーブル(寓話集)シャトーティエリージョセフ デジャンアドルフ レッテメリアン ムーア国際司法裁判所エタンプ公夫人火中の栗を拾うラフォンテーヌ

フォンテーヌの関連情報