コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォート・ワース フォートワース

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォート・ワース
ふぉーとわーす
Fort Worth

アメリカ合衆国、テキサス州北部、タラント郡の郡都。人口53万4694(2000)。約50キロメートル東のダラスと双子都市を形成し、ダラス‐フォート・ワース都市圏人口は522万1801(2000)。南北戦争後、ウシの積出し地および食肉加工地として発展し、19世紀の終わりには小麦の集散地となったが、1912年に市の西方で石油が発見されると精油所、採油用機械工場が建設され、工業都市となった。現在でも石油、ウシ、穀物は重要であるが、第二次世界大戦後は航空機製造が最大の産業で、ゼネラル・ダイナミックス、ベル・ヘリコプター会社があり、カーズウェル空軍基地もある。ダラスとの間にあるダラス‐フォート・ワース国際空港は世界最大の空港の一つである。1843年に定住集落ができ、47年に砦(とりで)が建設され、73年に市となった。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォート・ワースの関連キーワードラ・トゥール(Georges de La Tour)カーン(Louis Isadore Kahn)ボア(Yveチャールズ モフェットオーネット コールマンフォート・ワースマーサ ハイヤーヒルトン・ホテルメリフィールドベン・ホーガンBNSF鉄道デルタ航空

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android