コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジウツギ科 フジウツギかLoganiaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジウツギ科
フジウツギか
Loganiaceae

双子葉植物シソ目の1科。新旧両大陸の熱帯から暖温帯にかけて約 10属 150種ほどが知られる。低木または高木で,葉は対生し全縁の単純形である。花は4数性で管状の合弁花冠をつくり,花冠の上端部は浅く4裂する。おしべも4本あってこの花筒の内側につく。果実は蒴果または核果状の液果となる。日本には各地の河原などにフジウツギが自生するほか,中国産の種類 (フサフジウツギ) の園芸品種がブッドレアの名で観賞用に栽培されている。なお,かつてはマチン科その他のいくつもの雑多な植物群をひとまとめにして広義のフジウツギ科 (英名は Loganiaceaeとする) と分類していた。マチンクラーレなどの有毒な植物群がそのなかに含まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フジウツギ科
ふじうつぎか
[学]Buddlejaceae

双子葉植物、合弁花類。落葉性の低木。葉は対生し、単葉で基部に托葉(たくよう)状の突起がある。花は小さく、多数集まって総状花序または頭状花序をつくり、両性で放射相称。花冠は細い筒状で先は四裂し、2本の雄しべが花筒内につく。子房は二室、多数の胚珠(はいしゅ)がある。果実は普通は(さくか)まれに液果、多数の種子がある。熱帯から温帯に10属約150種分布する。日本にはフジウツギ属の2種フジウツギとフサフジウツギが野生し、フサフジウツギは園芸上は属名であるブッドレアの名でよばれ、よく栽培される。しばしばマチン科といっしょにされることがあるが、系統的にはまったく別のものである。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフジウツギ科の言及

【フジウツギ】より

…日当りのよい山地の河岸などにはえるフジウツギ科の落葉性の低木。有毒植物で,魚を麻酔させる作用がある。…

※「フジウツギ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フジウツギ科の関連キーワードゲルセミウムアルカロイドフジウツギ(藤空木)カロライナジャスミンセイイグナチウスマメウラジロフジウツギトウフジウツギマチン(馬銭)ストリキニーネホウライカズラアルカロイド馬銭・番木鼈裏白藤空木ブルシン玉藤空木小藤空木房藤空木箱根空木日光空木藤空木クラレ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android