コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバムグラ

百科事典マイペディアの解説

フタバムグラ

アカネ科の一年草。本州〜沖縄,東アジア〜熱帯アジアに分布し,やや湿った平地にはえる。茎は細く,分枝して高さ15cm内外,線形の葉を対生する。9〜10月,葉腋白色花冠が4裂した小花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フタバムグラ【Hedyotis diffusa Willd.】

暖地の田畑にはえるアカネ科一年生雑草(イラスト)。中国では白花蛇舌草(はつかじやぜつそう)と呼んで打身などの薬として使う。茎は細く,高さ10~30cm。葉は線形,長さ1~3.5cm,2枚の葉が対をなすので双葉の名がある。花は葉腋(ようえき)に普通1個ずつつき,日本では夏に咲くが,熱帯では年中,開花結実する。花冠は長さ2~3mm,白色で紅紫色をおびる。子房下位,2室で各室に多数の胚珠がつく。果実は球形,先にとがった萼裂片が残る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタバムグラ
ふたばむぐら / 双葉葎
[学]Hedyotis diffusa Willd.

アカネ科の一年草。茎は丸くて細く、高さ5~40センチメートル。葉は線形で長さ1~3.5センチメートル。花は葉腋(ようえき)に1個ずつつき、日本では夏に開くが、熱帯では年じゅう開花、結実する。花冠は白色、筒状で4裂し、長さ2~3ミリメートル。子房は下位で2室。果実は球形で先にとがった萼片(がくへん)があり、多数の小さい種子がある。日本、および中国、熱帯アジアに広く分布する。名は、ヤエムグラに似て、葉が2枚ずつつくのでいう。中国では打ち身などの薬とする。
 フタバムグラ属は、世界の熱帯を中心に300種以上分布する。草本または小低木で、中国では多くの種が薬用とされ、インドでは根から赤色や紫色の染料をとる種があり、栽培される。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フタバムグラの関連キーワードヤエムグラ暖地

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android