コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランシスタウン フランシスタウンFrancistown

4件 の用語解説(フランシスタウンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランシスタウン
フランシスタウン
Francistown

ボツワナ東部の町。ジンバブエとの国境から約 30km,標高 1100mに位置。周辺の銅,ニッケルなどの鉱物資源の開発に伴って発展。酪農の中心地。南アフリカ共和国ケープタウンからジンバブエのハラレに通じる鉄道が通り,付近に空港がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フランシスタウン(Francistown)

ボツワナ北東部の都市。ジンバブエとの国境近くに位置する。同国第二の規模をもつ。1860年代に金鉱の町として栄え、1960年代にダイヤモンドマンガンの鉱床が発見された。首都ハボローネ、ジンバブエのブラワヨと鉄道で結ばれる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フランシスタウン

ボツワナの東部の都市。ジンバブエとの国境近くに位置する。首都のハボローネからジンバブエの首都のハラーレへ通ずる,主要な鉄道と道路が通り,この地方の行政,商業,教育の中心地になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランシスタウン
ふらんしすたうん
Francistown

アフリカ南部、ボツワナ北東部の鉱山町。人口10万1805(2000)。19世紀後半、金鉱が発見され、その後ローデシア(現ジンバブエ)と南アフリカを結ぶ鉄道が町を縦貫し、軽工業が発達した。1960年代にはアスベスト、マンガンの鉱床のほか北東部ではダイヤモンドも発見された。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone