コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラ・ダンス(読み)ふらだんす(英語表記)hula dance

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラ・ダンス
ふらだんす
hula dance

ハワイの民族舞踊。女神ラカに仕える巫女(みこ)によって儀式の一部として踊られたもの。叙述的型式の身ぶりによって踊られ、ハワイの歴史や神話の歌詞を伴う。[市川 雅]

コスチュームとステップ

若い踊り手オロパと、歌と楽器で伴奏をつける年長組のホオパとに分けられ、踊り手は男女とも同じコスチュームを着け、膝(ひざ)まである一種のスカートのパウ、腕輪クペ、そして頭に花輪をかぶる。基本のステップは6種類あり、その組合せによってさまざまに変化する。両足の前への動き、尻(しり)部の振り、尻部の振りを伴ったサイドステップ、膝を曲げての跳び上がり、回転、数回の旋回などである。踊り終わるとき、腕を広げ、指を反らし手をあわせて挨拶(あいさつ)する。[市川 雅]

歴史

クック諸島(ポリネシア)に古くから伝えられていた民族舞踊を源とする。腰を激しく動かして踊る女性の踊りと、両膝を打ち合わせる男性の踊りであったため、19世紀初めごろからキリスト教が布教されると同時に、動きが猥雑(わいざつ)とされ弾圧された。しかし、20世紀初頭、トーマス・デービス卿(きょう)によりその価値をみいだされ、クック諸島の伝統的民族舞踊となった。1910年、カメハメハ1世をたたえる式典でフラ・ダンスが踊られたことから、それ以後、ハワイを代表するダンスとなった。現在ではほとんど宗教的な意味を失い、観光用に踊られることが多いが、民族の歴史を踊り継ぐものとして再評価されつつある。また、気軽に楽しめる社交ダンスの一つとして一般にも普及しつつある。[國吉和子]
『和多田悦子著『フラとハワイ フラを楽しむ』(1998・源流社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフラ・ダンスの言及

【腹】より

… 古代インドではへその上に3本の横ひだがあるのが美女の条件だったという(《王子の誕生》のパールバティー,《屍鬼二十五話》のマラヤバティーなど)。腹部の性的魅力を誇示するベリー・ダンスやフラ・ダンスなどがある一方,露出した腹部に目鼻などを描いて遊ぶ腹芸が可能なのは,腹だけでなく体幹や臀部の筋肉が協調した伸縮による。 腹や腹部臓器に心や魂が宿るとする見方は日本にも古くからあり,今も〈腹をさぐる〉〈腹を割った話〉〈腹に一物〉その他の用法に表現されている。…

【ハワイ[州]】より

…太平洋中央部にあるアメリカ合衆国の州。略称Ha.。ハワイ王国の没落後,1898年にアメリカ領,1900年に準州となり,59年に連邦加入,50番目の州となった。面積1万6705km2で,四国よりやや狭い。人口118万(1996)。州都・最大都市ホノルル(オアフ島)。八つの主要な島(ハワイ,マウイ,カホーラウェ,ラナイ,モロカイ,オアフ,カウアイ,ニーハウ)と120以上の小島からなるハワイ諸島(北西端のミッドウェー島は含まない)が北回帰線をはさんで全長約2400kmにわたって連なる。…

【フラ】より

…音楽はゆったりバウンスするリズムにのった詠唱的な歌に打楽器(太鼓もしくはイプ)がつくのが古典的な形で,この歌をメレ・フラmele hulaという。 1820年以降アメリカからキリスト教の宣教師が来島し,フラを不道徳的なものと曲解して禁止,その後19世紀末期に再興されてモダン・フラの時代を迎えるが,商業主義に毒された俗悪な腰振り踊りがフラあるいはフラ・ダンスと呼ばれた例が多く,フラに対する誤解は今なお払拭されていない。【中村 とうよう】。…

※「フラ・ダンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android