コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリッター fritter

翻訳|fritter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリッター
fritter

西洋料理衣揚げ料理の一種。が軽いのが特徴で,果実のフリッターは温かいデザートとされる。このほか魚介類,野菜類に利用される。衣の材料は魚介類の場合には,小麦粉サラダ油,食塩,卵黄泡雪にかき立てた卵白を混ぜ合せる。また果実の場合には,サラダ油,砂糖,ワイン,牛乳,卵黄,泡雪にかき立てた卵白を混ぜ合せる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フリッター(fritter)

小麦粉と卵黄を牛乳か水で溶き、これに泡立てた卵白を加えた衣をつけて、魚・野菜果物などをふわっと揚げた料理。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フリッター

西洋料理の衣揚げの一種。卵白を泡(あわ)立て,卵黄,小麦粉,牛乳などを加えて衣とし,植物油で揚げる。てんぷらに似るが衣は軽い。白身の魚,エビ,鶏肉,カリフラワー,バナナなど広い範囲の材料が使用される。
→関連項目フライ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

フリッター

 洋風の揚げ物.魚や鶏肉などを揚げる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

フリッター【fritter】

泡立てた卵白や小麦粉などを用いた衣をつけて、材料をふんわりと揚げた料理。野菜・肉・魚介類・果物などの材料を用い、低温で色がつかないように揚げる。とうもろこしを用いた「コーンフリッター」のように、生地に材料を混ぜ込んで揚げることもある。◇「ベニエ」ともいう。「ベニエ」はフランス語。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

フリッター【fritter】

泡立てた卵白を加えた軽い衣で魚肉・野菜などを揚げた料理。ベニエ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリッター
ふりったー
fritter

(なま)の材料に洋風の衣をつけて揚げた料理。衣は軽いのが特徴で、小麦粉、サラダ油、白ワイン、卵黄、泡立て卵白などでつくる。材料は淡泊な魚や小魚類、鶏(とり)肉、水けの少ないカリフラワーなどが使用される。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフリッターの言及

【フライ】より

…ふつう鳥獣肉,魚貝類,野菜などに小麦粉,とき卵,パン粉の順にころもをつけて揚げるものを指し,そのうち肉類を使った場合はカツレツと呼ぶことが多い。広義には,材料にころもをつけずそのまま揚げるフライドポテトのようなもの,小麦粉をまぶして揚げるフライドチキンのようなから揚げ,小麦粉,卵,ビールなどでつくったころもで揚げるフリッターfritter(フランス語でベーニェbeignet)も含まれる。 フライに用いる油脂はサラダ油が一般的であるが,ラード,ヘット,バターを使うこともある。…

※「フリッター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリッターの関連キーワードフランス料理/おもな料理用語ハム(豚肉の加工品)チキンナゲットズッキーニ西洋料理魚料理魚肉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリッターの関連情報