コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルトウェングラー

3件 の用語解説(フルトウェングラーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フルトウェングラー

ドイツの考古学者。1878年―1979オリュンピアの発掘に参加し,のちミュンヘン大学教授,ミュンヘン古代博物館長となる。古代ギリシア美術を鋭い鑑識眼と精緻(せいち)な文献考証により解明,特に前5世紀―前4世紀の彫刻の研究に貢献した。
→関連項目フルトウェングラー

フルトウェングラー

ドイツの指揮者,作曲家。高名な考古学者A.フルトウェングラーを父にベルリンに生まれ,幼少期から楽才と画才を発揮。8歳で移り住んだミュンヘン近郊で家庭教師による恵まれた教育を受け,作曲家J.ラインベルガー〔1839-1901〕,M.vonシリングス〔1868-1933〕に音楽を学んだほか,考古学者R.クルティウス,彫刻家A.vonヒルデブラントなどに学ぶ。
→関連項目クベリークピアティゴルスキーヒンデミットベルリンホロビッツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フルトウェングラー【Wilhelm Furtwängler】

1886‐1954
ドイツの指揮者。ベルリン生れ。ミュンヘンで音楽を学び,早くから作曲を始める。各地の歌劇場で指揮者としての経験を積み,1911年リューベックで本格的活動を始める。マンハイム歌劇場,ウィーンのトーンキュンストラー管弦楽団を経て,22年ニキシュの後任としてライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者となる。ロンドンニューヨークでも客演し,さらに27年からはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者も兼ね,31年バイロイト音楽祭音楽監督,33年にはベルリン国立歌劇場総監督にも就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フルトウェングラーの関連キーワードグルリット指揮者トスカニーニフルトベングラーリヒター指揮杖西ベルリン東ベルリン伯林ベルリン大聖堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone