コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルブライト Fulbright, James William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルブライト
Fulbright, James William

[生]1905.4.9. アメリカ,ミズーリ,サムナー
[没]1995.2.9. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカの政治家。アーカンソー大学,オックスフォード大学,ジョージ・ワシントン大学に学んだ。 1936年アーカンソー大学総長。 42年民主党の連邦下院議員。 45年以来 77年の引退までアーカンソー州から連邦上院議員に連続当選した。 46年の「国際教育交換計画」 (フルブライト教育計画 ) の提案者として知られる。 59年2月以来上院外交委員長でハト派の巨頭としてアメリカの外交政策,特に東南アジア,ベトナム政策をきびしく批判した。主著『力のおごり』 Arrogance of Power (1967) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

フルブライト Fulbright, James William

1905-1995 アメリカの政治家。
1905年4月9日生まれ。1939年母校アーカンソー大の学長となる。1943年下院議員(民主党)に当選,1945-74年上院議員。1959年から15年間上院外交委員長をつとめた。1946年研究者,学生らの国際交流のためのフルブライト法を提案したことで知られる(日本から6500人以上が留学)。1975年政界を引退し,弁護士となる。1995年2月9日死去。89歳。ミズーリ州出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フルブライト【James William Fulbright】

1905‐95
アメリカの政治家。ミズーリ州に生まれたが,アーカンソー州で育ち,弁護士から教育者に転向し,アーカンソー大学などで教え,1939年から41年まで同大学学長を務めた。その後政界に転じ,45年から74年まで連邦上院議員に選出され,1949年以降,上院外交委員会のメンバーとして活動し,15年間その委員長を務めた。研究者・学生の国際交流のためのフルブライト交流計画の創始者として知られる。【有賀 貞】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フルブライト【James William Fulbright】

1905~1995) アメリカの政治家。アーカンソー大学学長、下院・上院議員を歴任。世界諸国との教授・学生交換を定めた「フルブライト法」(1946年)により知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルブライト
ふるぶらいと
James William Fulbright
(1905―1995)

アメリカの政治家。アーカンソー大学、オックスフォード大学などに学ぶ。1934~1935年にアメリカ司法省反トラスト局に勤めたのち、アーカンソー大学などで教鞭(きょうべん)をとり、1939年同大学学長に就任。1942年連邦下院議員。1945年から1975年1月までアーカンソー州選出民主党連邦上院議員。1959年から16年間、上院外交委員長を務め、ハト派議員として活躍。その後、ワシントンで弁護士業に従事。奨学金による大学院生、学者、専門家の交流計画を定めたフルブライト法(1946)の提案者として知られる。これは日米間では1952年(昭和27)に開始され、2005年までに約7000人の日本人が渡米し、約2000人のアメリカ人が来日している。[藤本 博]
『J・W・フルブライト著、平泉渉訳『アメリカ外交批判――力のおごり』(1968・鹿島出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フルブライトの関連キーワードデービッド・ヘンリー コーンハウザージェイムズ・ウィリアム フルブライトダグラス・H.(Jr.) メンデルサンフォード ゴールドスタインリー・ジョセフ クロンバックグラント・K. グッドマンB.M. リチャードソンJウィリアムフルブライトゴードン・M. ベーガーリチャード ルビンジャーJ.L. ハマースミスマイクル モリアーティロバート・J. スミスランド キャスティールロバート・ネリ ベラーアール・ロワ マイナーマリー・J. ボーマンチャールズ シェルドンS.B. マッキューンロバート・E. コール

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルブライトの関連情報