コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンシャル フンシャルFunchal

4件 の用語解説(フンシャルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フンシャル
フンシャル
Funchal

ポルトガル領マデイラ諸島の中心都市。モロッコの西方約 700km,北大西洋上にある同諸島の主要島マデイラ島の南岸に位置し,マデイラ自治地方の行政中心地となっている。 15世紀初めにポルトガル人によって建設され,マデイラ諸島の工業,商業,通信の中心地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フンシャル(Funchal)

ポルトガル領マデイラ諸島の主島マデイラ島の中心都市。同諸島の人口の大部分が居住する。キリスト騎士団が建てた大聖堂やサンロレンソ要塞をはじめ、ポルトガル植民地時代の建造物が数多く残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フンシャル

大西洋東部,ポルトガル領マデイラ島東海岸港湾都市リスボンの南西約1000kmにあり,観光・保養地として有名。ブドウ酒の産がある。1421年創設。15世紀の教会,16―17世紀の城跡がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フンシャル
ふんしゃる
Funchal

リスボン南西約1000キロメートル大西洋上に位置するポルトガル領マデイラ諸島の中心都市。人口4万0057(1981)。主島マデイラ島の南岸に位置する。温暖な気候と歴史的建造物に恵まれ、世界有数の観光地、とくに避寒地として知られる。観光客はアメリカフランスイギリス、ポルトガルの順に多く、年間約35万人に達し、その3分の2は冬季に集中する。地名はウイキョウ(茴香)の一種フンショに由来する。ワイン刺しゅう製品、枝編み細工物などが主産物。ヨーロッパ南北アメリカアフリカを結ぶ航空上の要地。[田辺 裕・柴田匡平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフンシャルの言及

【マデイラ[諸島]】より

…総面積794km2,人口25万7822(1981)。行政的には〈自治地方〉をなし,フンシャル県と呼ばれる。マデイラ島,ポルト・サント島,およびデゼルタス,セルバージェンの小群島からなる。…

※「フンシャル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フンシャルの関連情報