コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブキティンギ ブキティンギ Bukittinggi

4件 の用語解説(ブキティンギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブキティンギ
ブキティンギ
Bukittinggi

インドネシア,スマトラ島中央西部,スマトラバラット州の町。バリサン山脈中のパダン高原の商業中心地の一つ。標高 900mに位置し,マラピ山 (2891m) やマニンジャウ湖に囲まれて,水田やアブラヤシ畑が広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブキティンギ(Bukittinggi)

インドネシア、スマトラ島中西部の都市。パダンの北約80キロメートルパダン高原に位置し、周囲にムラピ山、シンガラン山、サゴ山、マニンジャウ湖がある。オランダ統治時代に要塞が築かれ、フォート‐デ‐コックコック要塞)と呼ばれた。市内には、第二次大戦中に日本軍が築いた防空壕が残っている。世界最大の母系社会として知られるミナンカバウ人が多く居住する。同国の独立運動を指導し、初代副大統領に就任したハッタの生地。ブキッティンギ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブキティンギ【Bukittinggi】

インドネシア,西スマトラ州アガム県の県都。同州第2の都市。人口7万(1980)で,大多数はミナンカバウ族であるが,小規模な中国人街もある。西海岸より90kmほど内陸に入った,標高900m以上の地点に位置する。気候は涼しく,美しい景観に恵まれている。ミナンカバウ文化の伝統的中心地の一つで,かつてはクライ・リマ・ジョロンと呼ばれ,ミナンカバウでも古いナガリ(ムラ)である。パドリ戦争軍事介入したオランダは,1825年に要塞フォルト・デ・コックFort de Kockをこの地に築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブキティンギ
ぶきてぃんぎ
Bukittinggi

インドネシア、スマトラ島中西部のパダン高原にある都市。パダンの北約80キロメートル、メラピ、シンガラン両火山北麓(ほくろく)の標高900メートルに位置する。人口7万0771(1980)。赤道直下に近いにもかかわらず年平均気温は21℃と気候は快適で、清潔なヨーロッパ風の避暑地である。1825年、オランダはこの地に要塞(ようさい)フォート・デ・コックを築いた。付近はミナンカバウ人居住の中心地で、パダンから鉄道も通じ、スマトラ横断の国道もここを経由している。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブキティンギの関連キーワードインドネシア語派スマトラスマトラ沖地震スマトラタイガーインドネシア海溝インドネシアの恋唄グランドモスクシアヌック峡谷日本軍の防空壕スマトラ沖大地震・津波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone