コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブクリョウ

3件 の用語解説(ブクリョウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブクリョウ

東アジア,北米に分布するサルノコシカケ科のキノコ。日本ではアカマツなどの根に寄生。菌核(菌糸の塊)は大小不規則な塊状で,径10cm以上,表面は凹凸のある黒い殻で包まれ,内部は白色のコルク質となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ブクリョウ

サルノコシカケ科マツホド菌の菌核。利尿、滋養などの作用があり生薬として使用される。表記は「茯苓」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブクリョウ
ぶくりょう / 茯苓
[学]Poria cocos (Schw.) Wolf

担子菌類、サルノコシカケ目サルノコシカケ科の地下生キノコ。2000年以上の昔から今日に至るまで、漢方で用いられている貴重な薬用キノコである。薬用とするのは、この菌がマツの根につくる菌核で、子実体は菌核が地表に露出したとき、菌核の表面にまれに形成される。菌核は径10~30センチメートルのいも形、楕円(だえん)形ないし球状の塊で、表面は暗褐色、しわの多い硬い皮殻をかぶる。肉質は半乾きのチーズに似て、白っぽい。組織を顕微鏡で見ると、菌糸の断片などに混じって強く光線を屈折する顆粒(かりゅう)体が多数認められる。これは菌糸の変形物で、ヨードカリ液で濃赤褐色に変色する、いわゆるデキストリン反応を呈する。この反応によって、キシメジ科マツオウジ属LentinusのニセブクリョウL. tuber-regium Fr.と区別される(この菌をマツオウジ属とせず、カワキタケ属Panusとする学者もいる)。ニセブクリョウは東南アジア熱帯地方に分布する菌で、ブクリョウに似た菌核をつくるので、第二次世界大戦前は、ブクリョウと詐称して輸入されたこともあった。
 ブクリョウの子実体は、菌核の上に平たく広がり、全面に深さ2~20ミリメートル、径0.5~2ミリメートルの管孔(くだあな)が並ぶだけで、キノコ型を示さない。色はほぼ白色。子実体の発見は20世紀に入ってからであるが、菌核は古くから茯苓の名(漢名)で知られ、日本最古の本草(ほんぞう)書である『本草和名(わみょう)』にもこの名がみえる。なお、和名としては、「末都保土(まつほど)」が記されている。
 漢方名は茯苓で、利尿・鎮静・強壮剤として、小便不利、浮腫(ふしゅ)、精神不安、動悸(どうき)、消化不良などの治療に用いられる。また、最近は、含有成分の一つである多糖体パキマンには有望な抗腫瘍(しゅよう)性作用があるという発表もあり、その薬用効果はいっそう期待される。ブクリョウは、地下生ということからみつけにくい。このため、かつてはその採取を専門とする「茯苓突き」「保土突き」とよばれる人たちがいたほどである。その方法は、先のとがった1メートルほどの鉄棒を地中に刺して探り当てるものであった。なお、日本と中国において、人工栽培の研究も進められている。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブクリョウの関連キーワードえぶりこ猿の腰掛猪苓鱒茸松塊雷丸シーロー針茸カワラタケマイタケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブクリョウの関連情報