ブドウ(葡萄)(読み)ブドウ

百科事典マイペディアの解説

ブドウ(葡萄)【ブドウ】

ブドウ科の落葉つる植物。小アジア〜中央アジア原産のヨーロッパブドウと北米原産のアメリカブドウとがある。茎は葉に対生する巻きひげで他物をよじのぼり,葉は掌状に浅い切れ込みがある。夏,新枝に円錐花序を出し,黄緑色の小花を開く。果実多汁で甘酸っぱく,果皮の色は淡黄,緑,紫,黒など品種により異なる。栽培の歴史は古く,今日では多くの品種に分化。日本の甲州ブドウはヨーロッパ系で露地(棚栽培)で作られるが,ヨーロッパ系の他の品種(マスカット・オブ・アレキサンドリアなど)は露地栽培が難しく,温室で栽培される。アメリカ系のデラウェア,キャンベル・アーリーなどは露地栽培される。また種なしブドウには無核品種のほか,ジベレリン処理により単為結果させたものがあり,日本ではほとんどが後者。主要生産国はイタリア,フランス,米国,スペインなど,日本では山梨,長野,山形などが多い。果実は生食用のほか,干しブドウ,ジャム,ゼリー,ジュース,ブドウ酒などに利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブドウ【ブドウ(葡萄) grape】

ブドウ科ブドウ属に属する落葉植物で,果樹としてオレンジ類に次ぐ世界第2位の生産量をあげている(イラスト)。ブドウ属Vitisは暖温帯から温帯にかけて約70種が知られ,その多くのものが果実を食用に利用されている。つる性で巻きひげを他物にまきつけてよじ登る。葉は互生し単葉で,欠刻の有無や程度は多様である。巻きひげは節に葉と対生して生ずるが,各節に連続してつくものと,2節おきに1節つかないものとがある。花は小さくて多数が房になってつき,5~6月に開く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブドウ(葡萄)の言及

【つる植物(蔓植物)】より

…一般用語としてはvine。通常の植物のように直立できず,他物によりかかって生育する植物。…

【生命の樹】より

…古代西アジアの乾燥地帯では慈雨の恵みを願うところから,天空の泉に不死の生命を授ける聖なる樹木があるという信仰を持った。イランではハオマと呼ばれたが,これはブドウだとされる。聖樹は多く聖獣や女神を伴った形で装飾文様に使われる。…

【ブドウ酒(葡萄酒)】より

…ブドウの果実を原料として,発酵させてつくるアルコール性飲料。英語のワインをはじめ,フランス語のバンvin,ドイツ語のワインWeinなどは,みなラテン語のウィヌムvinumを語源とする。…

【文様】より

… 一方,各地で宗教が発達すると,その信仰の対象や内容を表示するため,特有の図文が図像的意味をもつものとみなされ,教団は教義にもとづく儀軌(ぎき)をきびしく規定するようになった。たとえば,西洋中世のキリスト教の場合,十字架や魚,ブドウの樹などはイエス・キリスト,バラは聖堂のばら窓にいたるまで聖母マリア,ユニコーンは処女,糸杉は死,シュロ(実はナツメヤシ)は復活を意味する象徴とみなされていた。また仏教では,仏像の出現以前,インドの古代初期に,仏陀は象徴的図文によってあらわされていた。…

※「ブドウ(葡萄)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android