コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラストサイジンS ブラストサイジンエス Blastcidin S

4件 の用語解説(ブラストサイジンSの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラストサイジンS
ブラストサイジンエス
Blastcidin S

放線菌の一種 Streptomyces griseochromogenesの生産する農業用抗生物質。ブラエスともいう。分子式 C17H26O5N8 。白色針状結晶。融点 235~236℃,水,アルコールに溶ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブラストサイジンS【ブラストサイジンエス】

農業用殺菌剤の一種。放線菌の生産物から分離した抗生物質。イネのいもち病に特効があり,病原菌菌糸の生長をおさえる力が強い。残効は短い。
→関連項目殺菌剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブラストサイジンエス【ブラストサイジンS blasticidin S】

(化学式)農業用抗生物質としてはじめて実用化された抗いもち病殺菌剤。放線菌のStreptomyces griseochromogenesによって生産される。医薬用の抗生物質の開発に採用されているスクリーニング法と同様に,種々の土壌微生物代謝産物の中に,イネの重要病害いもち病の病原菌の生育を抑制する物質を検索する過程で見いだされたものである。このような農業用抗生物質の開発研究は,世界に先がけて日本において開始されたもので,現在でも日本はこの分野の研究で先駆的役割を果たしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラストサイジンS
ぶらすとさいじんえす
blasticidin S

ブラエス粉剤、ブラエス乳剤などの商品名で、イネいもち病防除に使われている殺菌剤の有効成分の学術名。農薬の目的で研究、開発された抗糸状菌性抗生物質。1955年(昭和30)東京大学応用微生物研究所でストレプトミセス・グリセオクロモゲネスの培養液中から単離した水溶性塩基性物質で、核酸の塩基シトシンに糖とアミノ酸の結合したアミノアシルヌクレオシド型抗生物質に属する。白色針状結晶で、融点253~255℃。水と酢酸にはよく溶けるが、多くの有機溶媒にはほとんど不溶。pH4付近および8以上では不安定紫外線に対しては比較的安定である。ラットの急性経口毒性はLD50(50%致死量)53.3mg/kg。魚毒性はコイのTLm8.7ppmでA類。イネいもち病のほか、トマト葉かび病、アマ立枯(たちがれ)病などに選択的に有効で、予防よりも治療効果に勝る。また、細菌の枯草(こそう)菌にも有効である。いもち病(Blast)菌を殺し(cidal)、枯草菌Bacillus subtilisにも活性を示すことが命名の根拠である。作用機構は、菌のタンパク合成過程中のアミノ酸のリボゾームへの転移、配列の決定や縮合の阻害と考えられ、実用濃度は5~40ppm。薬害軽減のため、ベンジルアミノベンゼンスルホン酸塩としたものが製剤中の成分として使われている。[村田道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブラストサイジンSの言及

【抗生物質】より

…しかし,この残留性と慢性毒性が問題となり,また環境汚染などの問題も加わって利用できなくなり,新薬の開発が求められた。これが契機となって,ブラストサイジンS(住木諭介ら,1958),カスガマイシン(梅沢浜夫ら,1965)が開発された。そのほかイネの白葉枯病に対するセロサイジン(住木諭介ら,1958),イネの紋枯病に対するバリダマイシン(武田薬品工業,1971),モモの黒斑病とリンゴの斑点葉枯病などに対するポリオキシン(鈴木三郎ら,1958),うどんこ病に有効なミルディオマイシン(武田薬品工業,1983)などがある。…

※「ブラストサイジンS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラストサイジンSの関連キーワード抗生物質カスガマイシンセフェム系抗生物質ベータラクタム系抗生物質マクロライド抗真菌性抗生物質農業用フィルム鈴木三郎農業用抗生物質抗生物質 (antibiotics)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone