コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリヤ=サバラン Brillat-Savarin, Anthelme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリヤ=サバラン
Brillat-Savarin, Anthelme

[生]1755.4.1. ベレー
[没]1826.2.2. パリ
フランスの司法官,文人。恐怖政治に反対し,一時スイスやアメリカに亡命を余儀なくされた。 1796年帰国,判事をつとめた。生来のエピキュリアンで,美食に最大の関心を注ぎ,『味覚の生理学』 Physiologie du goût ou méditations de gastronomie transcendante (1825) を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブリヤ=サバランの関連キーワード判形リスボン樫原寛人フィロポイメンYS-11(わいえすいちいち)忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android