コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルグント王国 ブルグントおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ブルグントおうこく【ブルグント王国】

ブルグントBurgund族が5~6世紀にローヌ川流域を中心に建国した国家。443‐534年。ゲルマン人の一部族で,スカンジナビア半島を故地とするブルグント族は,300年以後マイン川両岸流域に定住していたが,406年ローマ帝国の領内に侵入することに成功した後,413年ローマの同盟者としてライン川西方地域に植民した。436年彼らは西方に勢力を伸ばそうと企てるが,フン族の援軍の力を借りたローマの将軍アエティウスのために壊滅的打撃を被った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブルグント王国の関連キーワードフリードリヒ(1世)(ドイツ国王、神聖ローマ皇帝)ブルグント(フランスの地名)ブルグント(民族)コンラート(2世)クロタール(1世)フランシュ・コンテブルゴーニュ公国スイス史(年表)ブルゴーニュメロビング朝ジュネーブブルグント民族大移動ウォルムスバーゼルサボアガリア

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android