コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルセラ症(波状熱) ぶるせらしょうはじょうねつ Brucellosis

翻訳|Brucellosis

1件 の用語解説(ブルセラ症(波状熱)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぶるせらしょうはじょうねつ【ブルセラ症(波状熱) Brucellosis】

[どんな病気か]
 ブルセラ属の細菌の感染でおこる感染症で、本来は、ヤギ、ブタ、ウシがかかる病気ですが、人にも感染することがあります。
 ただ、日本ではまれな病気です。
 この細菌の混入した生(なま)の乳類、野菜、水などの摂取でおこることが多いのですが、この病気にかかっているヤギ、ブタ、ウシなどに接触したり、排泄物(はいせつぶつ)に触れたりしたときに、皮膚の傷、目や気道の粘膜(ねんまく)から感染することもあります。
[症状]
 感染して5日~3週間後に発病します。
 頭痛、腰痛(ようつう)、関節痛、筋肉痛、神経痛のような痛み、くびのリンパ節(せつ)の腫(は)れとともに、特有な発熱が始まります。熱は、午後になると高くなり、夜間になると発汗とともに下がります。このような熱が2~3週間続き、つぎの1~2週間は平熱となり、また同じような発熱がおこります。このような発熱と解熱を、数か月から1年あまりくり返します。
[治療]
 ストレプトマイシンテトラサイクリンの併用がよく効きます。
 入院して安静を守り、栄養をとることがたいせつです。
 乳類は、必ず殺菌処理をしたものを飲むようにしましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ブルセラ症(波状熱)の関連キーワードブルセラ症何心地好冷菌サルモネラエンテリティデスブルセラショップブルセラ病水中細菌地中海熱パスツレラ菌感染症ブルセラ菌と鼻疽菌

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone