コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルセラ症(波状熱) ぶるせらしょうはじょうねつBrucellosis

翻訳|Brucellosis

1件 の用語解説(ブルセラ症(波状熱)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぶるせらしょうはじょうねつ【ブルセラ症(波状熱) Brucellosis】

[どんな病気か]
 ブルセラ属の細菌の感染でおこる感染症で、本来は、ヤギ、ブタ、ウシがかかる病気ですが、人にも感染することがあります。
 ただ、日本ではまれな病気です。
 この細菌の混入した生(なま)の乳類、野菜、水などの摂取でおこることが多いのですが、この病気にかかっているヤギ、ブタ、ウシなどに接触したり、排泄物(はいせつぶつ)に触れたりしたときに、皮膚の傷、目や気道の粘膜(ねんまく)から感染することもあります。
[症状]
 感染して5日~3週間後に発病します。
 頭痛、腰痛(ようつう)、関節痛、筋肉痛、神経痛のような痛み、くびのリンパ節(せつ)の腫(は)れとともに、特有な発熱が始まります。熱は、午後になると高くなり、夜間になると発汗とともに下がります。このような熱が2~3週間続き、つぎの1~2週間は平熱となり、また同じような発熱がおこります。このような発熱と解熱を、数か月から1年あまりくり返します。
[治療]
 ストレプトマイシンテトラサイクリンの併用がよく効きます。
 入院して安静を守り、栄養をとることがたいせつです。
 乳類は、必ず殺菌処理をしたものを飲むようにしましょう。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone