ブルセラ症(読み)ブルセラしょう(英語表記)brucellosis

翻訳|brucellosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルセラ症
ブルセラしょう
brucellosis

波状熱。ブルセラ (グラム陰性の桿菌) の感染症で,人畜共通感染症の一つ。ヤギ,ウシ,ブタなどに流行する獣疫であるが,ヒトが感染すると,1~3週間の潜伏後,有熱期と無熱期が交互に来る特有な熱型を示すので,波状熱とも呼ばれる。症状としては,悪寒,発汗,頭痛,全身痛,リンパ節のはれなどが現れる。ヤギ型ブルセラによる場合はマルタ熱,ウシ型ブルセラによる場合はバング病と呼ばれる。日本には少い。治療にはテトラサイクリンストレプトマイシンの併用が有効。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ブルセラ症

ブルセラ属菌による、人獣共通の感染症。ウシ、ブタ、ヤギ、イヌ、ヒツジの感染症だが、その細菌がヒトにも感染して発症する。感染した動物やその分泌・排泄(はいせつ)物、死体などに接触したり、汚染された殺菌されていない牛乳や加熱不十分な肉を飲食したりすることによって感染する。また、細菌を吸い込むことでも感染する。人から人への感染は、極めてまれであるとされる。
日本では計画的な検査と淘汰によって、家畜のブルセラ症はほぼ壊滅状態である。ただし犬のブルセラ症は発生が報告されている。犬のブルセラ症は、不妊症死産流産を引き起こす。犬を繁殖させようとして死産、流産を繰り返すため、検査をして感染がわかることが多いという。
ヒトがブルセラ属菌に感染すると、発熱や筋肉の痛みなどインフルエンザのような症状が現れる。それらが繰り返されることから、ブルセラ症は「波状熱」という別名もある。潜伏期間は通常1~3週間だが、数カ月になることもある。診断のためには、血液培養検査が必要である。
軽症の場合、治療をしなくても通常2~3週間で回復する。一方、進行すると慢性化して数年にわたり発熱を繰り返したり、脳、髄膜、心臓、肝臓、骨などが侵されたりすることがある。
治療には2種類の抗菌薬を併用する必要がある。成人に対するWHO(世界保健機関)の推奨する治療法は、リファンピシン600~900ミリグラムと、ドキシサイクリン200ミリグラムを6週間投与する方法である。
ブルセラ症に対するヒト用のワクチンはない。予防のためには、動物と接触したあとはせっけんなどで手を洗うこと、そして動物の尿や体液などには直接手で触れないようにすることが必要である。
ヒトのブルセラ症は、医師に届出義務のある4類感染症である。
日本におけるブルセラ症のヒトの発症例は、2013年2例、14年10例、15年5例、16年2例、17年2例と、極めてまれである。
感染リスクが高いのは、酪農・農業従事者や獣医、屠畜(とちく)場従事者などである。
18年3月、千葉県で50代の男性がブルセラ症を発症していることが明らかになった。この男性は獣医師であったため、患畜からの感染の可能性が考えられる。
一方、18年5月に発表された、長野県の64歳の男性がブルセラ症と診断された例や、18年7月に64歳男性の近隣の40代女性とその家族3人がブルセラ属菌に感染していることが公表された例については、ブルセラ属菌に感染していることがわかったものの、その菌種がこれまで知られているブルセラ属菌とは異なるものであることが明らかになった。また、海外渡航歴もなく、感染動物に接する機会もないことから感染経路も特定されていない。国立感染症研究所では、新たな感染防止のため、この未知の菌種の解析や宿主動物、感染経路に関して更なる調査が必要であるとしている。

(星野美穂 フリーライター/2018年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルセラ症【ブルセラしょう】

ブルセラ菌属の細菌による病気。元来はウシ,ヒツジ,ブタなどの伝染病。日本ではウシに多く,流産,不妊,睾丸(こうがん)炎,関節炎,乳房炎などを起こす。家畜法定伝染病。ヒトに感染すると,高熱の持続と解熱を繰り返すので,波状熱ともいう。予防にワクチン,治療に抗生物質が有効である。
→関連項目細菌兵器風土病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルセラしょう【ブルセラ症 brucellosis】

ブルセラ属Brucellaの細菌による人獣共通伝染病の一つ。マルタ島で発見されたためマルタ熱Malta feverともいわれ,また慢性型では波状的に発熱することから波状熱undulant feverともいわれる。ロシア,アフリカ,中東,南北アメリカでみられ,感染は罹患した動物の分泌物や排出物に直接接触することによって起こり,ヒトからヒトへの感染はないといわれる。潜伏期間は5~21日。全身倦怠,頭痛,発熱などの症状とともに,無気力,性欲減退などを伴い,肝臓や脾臓,性器,長骨などに膿瘍をつくることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵miniの解説

ブルセラ症

ブルセラ属菌によって引き起こされる、人と動物の両方に感染する感染症。波状熱、マルタ熱などの名称でも呼ばれる。感染動物との接触や非加工乳製品の摂取などで感染する場合が多い。人が感染すると約1~3週間の潜伏期を経た後、発熱、悪寒、倦怠感のほか、関節炎やリンパ節腫脹などの症状が現れる。動物が感染すると、不妊症や死産、流産などの原因となることがある。感染動物の根絶や乳製品の加熱処理などで日本国内ではほぼ撲滅されたとみられていたが、2018年5月と7月に国内外に存在しない新種の菌に感染した例が判明。国立感染症研究所が感染源や経路などを調査している。

(2018-7-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルセラ症
ぶるせらしょう
brucellosis

ヒトにも感染する獣疫(ウシやヤギなどの草食動物およびブタに多い感染症)の一種で、世界に広く分布する。感染症予防・医療法(感染症法)では4類感染症に分類されている。起炎菌はブルセラ属のグラム陰性の短桿菌(かんきん)で、ヒトへの感染は畜産業や獣医師など病畜と接触する機会のある職業の人に多い。動物ではおもに生殖器が侵され、流産や不妊症の原因となるが、ときに関節炎や膿瘍(のうよう)形成がみられることもある。ヒトでは肝臓、脾臓(ひぞう)、骨髄、リンパ節などの細網内皮系がおもに侵される。潜伏期は通常14日で、不快、倦怠(けんたい)、衰弱などの症状が現れたのち、発熱、悪寒とともに発汗、頭痛、各部の疼痛(とうつう)を伴う。多くの例では体温の動きが特徴的で、日内変動は夕刻に高くて早朝に低い間欠的熱型を呈し、これが1~3週間経過すると数日の無熱期があり、その後にふたたび間欠的熱型がみられる。このように有熱期と無熱期が波状的に現れるので、波(は)状熱ともよばれる。治療としては、テトラサイクリン、クロラムフェニコール、ストレプトマイシンなどが有効とされている。予後は良好で、回復までの期間は平均2、3か月であり、死亡率は1~5%である。予防として、動物に弱毒生ワクチンが用いられているが、日本では血清反応検査による摘発淘汰(とうた)方式が行われている。
 なお、ブルセラ属のうちBrucella melitensisによるものをマルタ熱とよび、またB. abortusによる場合はバング病のほか、地中海熱、ジブラルタル熱、山羊(やぎ)熱などいろいろな呼び方がある。[松本慶蔵・山本真志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルセラ症の関連情報