コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルック・ファーム ブルック・ファームBrook Farm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルック・ファーム
Brook Farm

別名「農業と教育協会」 Institute of Agriculture and Education。アメリカ,ニューイングランドの理想主義者たちによってマサチューセッツ州ウェストロクスベリーで 1841~47年に営まれたユートピア的共同体。ユニテリアン派牧師の R.リプリーによって組織され,彼の妻ソフィア・ドナの協力を受けた。契約書によれば,ブルック・ファームは,(1) 思想家と労働者の結合,(2) 精神的自由の保障,(3) 自由で教養のある人々から成る社会の準備を目的とした。1株を購入することによって自動的に会員となり,利潤が出た場合は,労働日数に応じて株主に分配された。ファームは会員男女に対して1労働日 (肉体的もしくは精神的労働) ごとに1ドルを支給し,衣食住をほぼ原価で提供した。 C.ディナ,N.ホーソーンが創立メンバーとして農業経営を指導した。ファームの教育機関は特色のあるものであり,幼児学校,小学校,大学予備コースを通じて「生徒と教師の間の完全に自由な関係」の確立を目指した。学校には定められた授業時間はなく,生徒は1日2~3時間の肉体労働を課された。ファームの経営は次第に困難となり,共同体はのちにはフーリエ主義的なものへと転じて解散し,49年土地と建物は売却された。その存続期間は短かったが,ブルック・ファームは 19世紀前半にアメリカで数多く試みられた共同体のなかで最も有名な存在であった。ホーソーンの『ブライズデール・ロマンス』 The Blithedale Romance (1852) は,ブルック・ファームの経験を創作化したものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブルック・ファームの関連キーワードホーソンエマソンデーナダナ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android